ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

服の色は、ベーシックな色だけにして服の悩みを減らす。

20160422070453

これから買う服は、ネイビー、白、グレー、デニムなどのベーシックな色だけにしようと決めました。

 

夏なら黄色とか、青とか爽やかで元気な色が欲しくなったり、春は淡いパステルカラーが欲しくなったりするのですが、そういう色って自分には似合わないことが十分わかったので、自分が着ていてしっくりくる色だけにしようと思います。

 

最近一番しっくりくるのは、薄めのデニム色ですね。ネイビーに近い濃い色のデニムはいまいち似合わないので、薄いデニム色に白やネイビーのトップスを合わせるのがマイブームです。

 

スポンサーリンク

 

秋から春はデニムワンピースを愛用していたので、自分がマシに見えるのはデニム素材の服なのかもしれないなと悟り始めています。

 

できるだけ服のことで悩む時間は減らしていきたいので、どんな服の色なら似合うのか?、どんな服のデザインなら似合うのか?ということは早めに決めてしまいたいです。

 

年齢とともに似合う服は変わっていくものですが、デニム+シンプルなトップスのコーディネートなら40代になっても問題なく着られそうなので、「デニム+シンプルトップス」を基本にして、服の色もベーシックなネイビー、白、グレーなどに統一してしまおうかと思っています。

 

昔から服のことを考えるのが好きじゃなかったのですが、今も相変わらず服のことを考えるのは面倒だなと思ってしまうので、「どんな色で、どんなコーディネートにするか?」は大まかに決めてしまったほうが、服に対するストレスもなくなって楽に暮らせそうです。

 

今は服のことより、すっきり見える収納や、家事を楽にする方法などを研究したいので、服は最低限生活感をキープできればいいかなと。服にお金をかけるよりも、髪の毛にお金をかけてきれいにしたほうが、全体の清潔感もアップするので、髪の毛の手入れだけは大切にしたいです。

私が髪にお金をかけて、服にお金をかけない理由。 - ひつじ日和

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

貯蓄があれば選択肢が増える。 - ひつじ日和

パジャマはいらない。部屋着兼パジャマで十分。 - ひつじ日和

唯一のサンダルが壊れたので、クロックスのサンダルを購入。 - ひつじ日和

服の失敗続き。体型が変わると服選びが格段に難しくなる。 - ひつじ日和

普段使いのバッグはリュック1つだけ。バッグは1つで大丈夫でした。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ