ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

服はベーシックなモノでそろえれば、いらない服は増えない。

20150721160643

流行だからと買った服、安かったから買った服、誰かが着ていたから欲しくなって買った服。そういう服は、あまり着なくなっていらなく服になることが多いです。

 

どんな服を買ったらいいか分からない、どんな服が似合うか分からないという場合は、とにかくベーシックな服を買うのがオススメです。

 

無地で色が派手でないベーシックな服であれば、着回しもしやすいし、仕事やちょっとかしこまった場所にも着ていけるのでいらない服にはなりません。

 

ベーシックな服は季節や流行にかかわらず、いつでも売られているので、服を買うときにも悩むことがありません。

 

スポンサーリンク

 

いらない服を増やしたくない、少ない服で暮らしたいというのであれば、ベーシックな服を数着持っていれば、その中で着回しができるのでとても楽になります。

 

いろも奇抜な色や差し色は買わず、グレー、ネイビー、ブラウンなどの色でそろえておけば持っている服の中で違和感なくコーディネートすることができます。

 

私も基本的には無地の服で、色もデニム、ネイビーなど着まわしやすい色でそろえています。奇抜な色や差し色を買っても着回しが難しいのでほとんど処分してしまったので、今はそういう色は買っていません。

 

いらない服を増やさないためには、ベーシックな服をそろえるのがいいし、あとは自分が着心地が悪いと思うデザインの服や素材の服を買わないようにすることが大切ですね^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

服選びで悩む時間をゼロにするコツ。 - ひつじ日和

ライフスタイルの変化に合わせて着る服を変える。そのために少ない服で暮らす。 - ひつじ日和

【断捨離】お菓子作り用品、手芸用品はすべて処分しました。 - ひつじ日和

お金の優先順位を決めればお金は貯まりだす。 - ひつじ日和

最近リサイクルショップで服を買わなくなった2つの理由。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ