ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

夫の着ていない服を大量に断捨離!クローゼットがすっきりしました。

20150602150505

夫の服を大量に断捨離しました!

 

夫はいい服を長く着たいタイプで、安い服を短い期間で着倒して買い替える私とは正反対です。私より3倍以上服を持っていますが、そのほとんどを着ていません。結婚してから1度も着ているところを見たことがない服もたくさんあります。

 

長年着ていないと服の状態も確認せずに、そのままクローゼットに入れっぱなしになっていて、気になっていたんですよね・・・。果たして、「着たい!」と思ったときにすぐに着られる状態なのかどうか気になって仕方なかったので、先日夫の服を全部チェックしてみました。

 

スポンサーリンク

 

革ジャンを中心にカビが生えていた

スーツ、ジャケットなどは家で洗濯できる素材ではないので、着たらクリーニングに出していたのですが、革ジャンを中心にカビが生えてしまっていました^^;革製品ってカビやすいんですよね。

 

革ジャン、革ベルト、その周辺の服が5着ほどカビの巣になっていました。その他、10年以上前にクリーニングして1度も着ていないというスーツにもカビが生えていて、その周辺の服もカビ・・・。

 

クローゼットには除湿剤も置いているし、扉を開けて風通しもしていたのですが、ひどい状況でした。一番の原因は革ジャンですね。革ジャンは高かったらしいのでクリーニングに出すことも考えたのですが、カビが生えていると2万くらいかかるらしいので、やめました。

 

夫に確認したら、カビが生えた服は全部処分していいということで45ℓのごみ袋3つ分の服を捨てて、クローゼットがすっきりしました。

 

高いから気軽に捨てられない

以前から「着ない服は処分したら?」といっていたのですが、「高かったから捨てられない」と夫が言っていたので、そのままにしていました。「高かったから捨てられない」というのは、もちろんわかるんですが、着ていない服をただ置いておくだけでも収納場所を取るし、今回のようにカビが生えてしまって着られない・・・なんてことになったらもったいないですよね。

 

ある程度値の張るブランドものならリサイクルショップなどに売れば買取金額もそこそこだと思うので、着ないなら売ってしまったほうが無駄にならないのになと思っちゃいますね。

 

やっぱり高くて手入れに手間のかかる服はいらない

今回のカビ事件で、やっぱり私は値段が高い服、手入れに手間のかかる服はいらないなと改めて思いました。

 

値段が高かった服は、着ないからといってすぐに処分する決意もできないまま持ち続けてしまうし、洗濯が面倒な服はちょっとした汚れでもクリーニングに出さないといけないし、カビが生えたら気軽に洗うこともできなくて、結局処分することになってしまってもったいないです。

 

服は着てこそ意味があると思うので、リーズナブルな服を少量持って、自宅の洗濯機でガシガシ洗って、ヨレヨレになったら処分するというのが気楽です。服が少ししかなければ頻繁に洗濯するので、防虫剤も、除湿剤も必要なくなるんですよね。

 

今回のことで、夫も手入れが大変な服は持たないと思ったようなので、どうしてもひつようなスーツやジャケット以外は、自宅で洗濯できる服をメインにするようなので、服の管理が楽になります^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

【服の買い物の失敗】色落ちしやすい服は洗濯が面倒なので、着なくなる。 - ひつじ日和

ソファに洗濯物を置かないようにしたい。小さなストレスをなくす習慣を作る。 - ひつじ日和

服の色は、ベーシックな色だけにして服の悩みを減らす。 - ひつじ日和

パジャマはいらない。部屋着兼パジャマで十分。 - ひつじ日和

唯一のサンダルが壊れたので、クロックスのサンダルを購入。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ