読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

「水切りカゴがやめられない」というお悩みについて思うこと。

20160209134415

「水切りカゴがやめられない」という検索でこのブログにたどり着いた方がいらっしゃるようで、これを見た時になんか苦しそうだなと思ったので、水切りカゴについて私の思っていることを書こうと思います。

 

私は、水切りカゴは必要だなと思う派です。

物が少ない暮らしをしているけど、捨てられないもの。水切りカゴはやっぱり必要です。 - ひつじ日和

 

私が水切りカゴが必要な理由は、

・食器を洗うたびにふきんで拭くのが面倒

・きれいなフキンで拭かないと雑菌の上塗りになる

・食器はきちんと乾かさないと雑菌は死滅しない

ということです。

 

ミニマリストやシンプルライフのブログを見ていると、「水切りカゴはもたない」という方が多いので、そういう暮らしにあこがれる人は水切りカゴは持っちゃいけないんだと葛藤されているんだと思います。

 

私も昔はそう思っていたので気持ちはよくわかります。

シンプルな暮らしをするなら「水切りカゴは持たない暮らしにする」みたいな強迫観念のような感じで、どうやって水切りカゴをなくそうか、どうやって夫を説得しようかとても悩んだものでした。

 

でも、よく考えてみたら私は食事ごとに食器を洗って、そのたびにフキンで食器を拭くのはめんどくさすぎるし、フキンで拭いたとして、きちんと食器が乾いていなければ雑菌の繁殖を助けてしまうことになります。

 

一番の理由は、毎回食器を拭くのが面倒ということですけどね^^;

水切りカゴがあれば洗った食器を置いておくだけ。食器同士が重なっていなければすぐ乾くので楽ちんです。食洗機があれば、水切りカゴはいらないのかもしれませんが・・・。

 

水切りカゴという便利なものがあるのに、あえて不便な道を選ばなくていいんじゃないかと思います。

 

「水切りカゴがやめられない」という言葉からは、苦しさを感じるんですよね。やめたいけど、やめられない・・・。なら、やめなくていいんじゃないでしょうか?

 

誰かに強制されているならまた別の話ですが、無理にやめる必要はないと思います。水切りカゴはある程度大きさがあるから邪魔ということかもしれませんが、そこまで気になることでしょうか?

 

私も、極限までものを減らしたい!邪魔なものは全部捨てたい!という病的な考えの時期があったので、水切りカゴさえ邪魔!というのも分かるは分かるんですけどね。

 

今思えば、本当に病的に「捨てたい!」という考えに憑りつかれていたなと。冷静になった今ならわかります。

 

水切りカゴは本当に自分にとっていらないものなのか?

じっくり考えて、やっぱりない方が便利というならやめればいいし、やっぱりあった方が便利というなら使いましょう。

 

無理に、やめなくてもいいんです。

無理にやめる必要はないんですよ。

と、「水切りカゴがやめられない」というキーワードで検索された方に伝えたかった。

そんな思いで、水切りカゴについて書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

日々の買い物はネットスーパーや宅配をうまく活用する

服はシンプルでリーズナブルなものを

 

■こちらの記事もどうぞ

買い物の失敗。サーモマグは自分には合わなかったので、処分します。 - ひつじ日和

本は読むだけじゃ意味がない!実際に行動に移すことが大事! - ひつじ日和

私にとってのストレスフリーな生活とは、「家族関係が良好なこと」。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク