ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。

人は1カ月で変わることができる。掃除嫌いだった私が掃除を習慣化できた体験談。

<1カ月で嫌いな掃除を習慣化>

いらないものを処分してすっきりしたと思っていたはずが、なんだか家の中にいるとソワソワする。そう感じて、何が原因なのかよくよく考えてみると、家の中が汚いことが家にいても居心地がよくない原因だと気づきました^^;そう気づいても、なかなか嫌いな掃除を頑張るやる気は生まれません。でも、掃除はなんとか習慣にしたい。

 

結局は、掃除するためのやる気を出すのではなく、いやいやでも掃除を習慣にするために、とにかく体を動かすことにしました。

何かを習慣にする時はまずは2週間その習慣を続けると、あとは体が慣れて毎日できるようになると本で読んだことがあったので、イヤイヤながらも毎日少しずつ掃除をしていきました。

 

最初の2週間は、いつもの掃除機がけと床拭きだけを淡々とこなす日々。嫌だなと思うとやりたくなくなるので、嫌だなと思う前に体を動かすようにしました。最初はイヤイヤだった床拭きも、続けているとなんだか楽しくなってきたので、床拭きをしてテンションを上げてから、トイレ掃除や洗面所の掃除をするというサイクルを作ることに成功!

 

それが1か月も経つ頃には、自然と家じゅうを掃除したいという気持ちに変わっていきました。掃除をした後は、体もすっきりするし、家の中もすっきり、そして毎日嫌いだった掃除をやっていることで自分に自信もつきました。

 

本当に掃除が嫌いだった私が、マメに扇風機を掃除したり、毎日トイレ掃除したり、エアコンのフィルターを掃除したり。数か月前の自分からは想像もできないくらいの進化です(笑)。

 

掃除を習慣化するようになってから、家にいることが居心地良くなり、週4日は通っていたカフェにもほとんど行かなくなりました。以前は、家にいると落ち着かなかったので、よくカフェで時間を過ごしていたのですが、おうち大好きになった今は、家でのんびり好きな飲み物を飲むことが幸せです。

 

人間って変われるものだなと自分のことながら驚きです。

ずーっと、掃除ができない自分が嫌だけど、掃除するのもいや!という状態でなんだかもやもやしていたので、掃除ができるようになって本当に人生が明るくなった感じです^^

 

関連記事

カフェが大好きでしたが、掃除をするようになってから家が居心地良すぎます!カフェ代の節約へ。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

毎日のトイレ掃除を見直し。トイレブラシを使わないシンプルな掃除方法。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

蛇口や、ボディソープの容器を新品のようにきれいにしたら、空間全体が明るくなって気分も明るくなりました! - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ