ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

「在庫整理が好き」が今の私の片付け好きにつながっている。

20150618084450

コンビニでバイトをしたり、雑貨店で正社員として働いたりしていましたが、とにかく得意だったのは「接客」よりも「在庫整理」でした^^;

 

在庫はお店に出していない商品のことで、在庫整理とは簡単に言えば、

・同じ商品は同じ商品で並べて必要な時にすぐ取り出せるようにしたり

・お店に出ていない商品を発掘してお店に出したり

・在庫が多い商品はお店にたくさん出して売れるようにしたり

在庫を整理して、商品の売り逃しをしないようにしたり、どの商品が売れていて、どの商品が売れていないかを確認する作業です。

 

スポンサーリンク

 

接客業として働いていても、気になるのは「在庫」のこと。バイト時代も雑貨店で店長として働いていた時も在庫整理に精を出していました。たぶん、「モノの量を把握して、モノを取り出しやすくし、いらないモノを把握する」という作業が好きで、モノの量やどんなものがあるかが把握できていないとモヤモヤして仕事に集中できなかったんだと思います。

 

在庫室が散らかっていると仕事に集中できないように、家の中が散らかっているとなんだかモヤモヤして、ストレスがたまる感じがあります。仕事では「在庫整理」が好きだった私も、以前は家の中はごちゃごちゃしていました・・・。でも、断捨離を始めて、いらないモノを整理し始めてからは、「仕事と同じようにモノを分かりやすいように整理したほうが暮らしやすいし、家にいてもイライラしなくなる」ということを実感しました。

 

散らかった家ではくつろげないし、家にいるのが嫌だから外出して余計なお金を使ったり、家が散らかったストレスを解消するためにさらにモノを買ってしまう。という悪循環に陥っていた気がします。

 

でも、一旦モノを整理して家の中がすっきりしたら、家にいるのが好きになって、余計なモノも買わなくなったし、もっと住み心地のいい家にしたいという思いが強くなり、嫌いだった掃除も習慣化できるようになりました。

 

すっきりして、掃除が行き届いた家のほうがいいと気づいてしまえば、その状態を維持するために自然とモノを増やさなくなったり、掃除をするようになります。やっぱり汚れが目立つ家より、きれいな家のほうが視覚的にもストレスがたまらないので、最近はもっと掃除に力を入れようと思い始めました。

 

最近は、楽してキレイになる掃除方法を追求中です。楽に掃除ができるグッズなどをいろいろ試してみて、毎日ストレスなく掃除を続ける方法を見つけるのが今の目標です^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

・ 【必要な時に必要なお金がある暮らし】私が「お金を貯めること」に力を注ぐ理由。 - ひつじ日和

必要になってから買えば無駄なモノは増えないし、お金もたまりやすくなる。 - ひつじ日和

「モノを減らす」と「掃除をマメにする」。どちらも人生を変えるほどの力を持っている。 - ひつじ日和

断捨離も片付けも体力が必要。疲れているときは無理しない。 - ひつじ日和

持っている服を把握することで、いらない服を増やさなくなる。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ