ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

必要になってから買えば無駄なモノは増えないし、お金もたまりやすくなる。

20150810143548

モノは大きく分ければ、必要なモノとそうでないモノに分けられます。必要なものは暮らしの中で使うものなので無駄にはなりませんが、必要でないモノを買ってしまった場合は購入してからそのまま放置してしまったり、数回使っただけで使わなくなってしまい、無駄なものとなってしまいます。

 

無駄なものとなって使わなくなってしまったということは、それを購入したお金も無駄にしてしまっています。ただ単に「モノ」がいらなくなっただけでなく、「お金」も無駄にしてしまっていると考えると、気軽にモノを買うことは「お金がなかなか貯まらなくなる」ということとイコールです。

 

ネットを見たり、ショッピングセンターに行くとたくさんのモノが売られているので、見ているだけでもついつい「欲しい」モノを見つけてしまうのが人間です。1度見たものを「欲しい」と錯覚してしまう脳の仕組みがあるので、なんとなくモノを買ってしまう癖がある場合は、モノがたくさんある場所には近づかないのが「いらないモノを増やさない」一番の方法かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

モノを買うのは「必要」になってから

なんとなく「必要そうだから」、「いつか使うから」という理由でモノを買っていると、モノを無駄にして、お金も無駄にしてしまうことが多いです。「いつか」使うものを、「必要でない、今現在」に購入しても、未来は誰にもわかりません。

 

今は必要だと思っていても、いざ「その時」になったら必要ないかもしれないし、別のモノが必要になるかもしれない。よくわからない未来のためにモノを買うことは、今現在のお金を無駄にして、いらないモノを増やす行動になってしまうかもしれません。

 

モノは、本当に必要になったときに買えば無駄にはならないし、有意義なお金の使い方ができます。私自身、昔は「なんとなく必要そうだから」、「そのうち使うから」と「今」必要でないのになんとなく買い物をしては、家の中にいらないモノを増やしているタイプでした。

 

今必要でないのに、いろいろ買い込んでも、購入したことすら忘れてクローゼットの奥の方に収納していたり、状態が悪くなっていたりすることも多々あり、「必要なものは必要になったときに購入したほうが、モノの状態もいいし、無駄なお金を使わなくてもいい、収納場所も必要がない」と気づいてからは、本当に必要に迫られるまでは気軽にモノを買わなくなりました。

 

今の時代、前もっていろいろと買い込んでおかなくても、お店に行けばすぐ手に入るし、近所に売っていなくてもネット通販で購入すればすぐに家に届きます。そのほうが家の中はすっきりするし、モノを無駄にして結果的にお金も無駄にしてしまうということも防止することができると思います^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

「買い物が面倒!」を解消!「面倒だな」と思うことを少しずつ解消していくのが、楽しく暮らすコツ。 - ひつじ日和

ストレスをマメに解消すれば、お金は貯まる。 - ひつじ日和

断捨離のメリットは、時間と心の余裕ができること。 - ひつじ日和

【すっきり暮らしたい】モノが増えない家にする4つの習慣。 - ひつじ日和

【服の断捨離】服は少量でいいと気づいた。大量の服を処分した方法を大公開! - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ