読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

収納家具が増えると物が増える2つの理由&物を増やさない対策。

物を増やさない方法

<収納家具が増えれば、物も増える>

収納スペースが少ないからと収納家具を増やしてしまうと、物がどんどん増えていきます。 

「物をきれいに収納するためなら、収納家具を買ってもいいんじゃない?」

と思う方も多いかもしれませんが、収納家具が増えるほど、物も増えていきます。

 

逆に、収納家具が少なければ、物は増えずにすっきりした部屋になります。

 

なぜ、収納家具が増えると物が増えてしまうのか、その理由は2つあります。

1. 収納家具さえあれば物が増えても大丈夫と思ってしまう

2. 心理的に空間を埋めたくなる

 

1. 収納家具さえあれば物が増えても大丈夫と思ってしまう

ギュウギュウのクローゼット、備え付けの収納にしまいきれずに床にあふれたたくさんの物。

 

物がきれいに収納できないのは、クローゼットが小さいから?備え付けの収納が少ないから?

いえいえ、いらないものが多すぎるんです。

 

でも、「収納場所が少ないから、物があふれている」と考えてしまう人は、「もっと、収納場所があれば片付くのに」と思ってしまいがち。

 

そして、「収納場所を増やそう!」と収納家具や収納グッズを買って、クローゼットからあふれた物や床に散乱している物をしまっていく。

 

そして、また物が増えていき収納家具に収まらなくなってきたら、また収納家具を買って、たくさんのいらないものを収納しようとしてしまうんです。

 

収納家具ががあれば、物が増えても片づけられると思ってしまうと、もういらないものの増殖は止められません。

 

部屋は収納家具で覆い尽くされ、ものすごい圧迫感のあるおうちになってしまいます。

 

せっかくの空間が収納家具に詰まったいらないもので埋め尽くされてしまうと、リラックスどころではないですね^^;

 

その収納家具にしまっている物、本当に必要なものですか?

 

2. 心理的に空間を埋めたくなる

人間は空間があると、ついついその空間を埋めたくなってしまうものです。

 

きちんと「あえて空間を残している」ということを意識していないと、ちょっと空いているところに、物を飾ったり、なんとなくそこに物を収納してしまいます。

 

最初は、特に考えず物を置いたつもりが、いつの間にか「あえて開けていたはずの空間」がもので埋め尽くされていくんです。

 

空間があると、「何か物をしまいたい」と思ってしまう方は、収納家具は増やさないほうが、物が増えずにすみます。

 

 

物を増やさない対策

物を増やさないために大事なことは、

・収納場所は限定すること

・収納家具は増やさず、物を厳選すること

・収納家具が多いなら、おもいきって粗大ごみに出す・リサイクルショップに売る

 

収納場所はできれば部屋に備え付けの物ですますと、お金もかからないし、収納場所以上に物が増えません。備え付けの収納がない場合は、「収納家具は2つだけ」など決めると、物の増殖を防ぐことができます。

 

収納スペースが少ないなら、その収納スペース以上に物は持たないように、いらないものはどんどん処分して、本当に自分にとって必要なもの・使うものに厳選。

 

すでに、収納家具をたくさん持っているのであれば、いらないものはどんどん処分して、使わなくなった収納家具は売れそうなものならリサイクルショップで買い取ってもらい、売れなそうなものは粗大ごみで捨てましょう。

 

私は大きな本棚を処分しました。やっぱり、そこに空間があると、いろいろと物を詰め込みたくなってしまうんですよね^^;

大きな本棚は捨てました。大きい収納は物を増やす原因になります。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

収納家具が少なくなれば、部屋も広くなって、気持ちに余裕が生まれると思います。

空間の余裕は、心の余裕につながることを実感中です^^

 

 

■自己紹介

自己紹介 - 物を減らして、すっきり暮らす!

■物が少ない生活のヒント

物が少ない暮らしで一番大切なのは健康であること

いらないものはお金に変える

物が増えない趣味を持つ

■関連記事

私がこれまで捨てた粗大ごみリスト。サイズの大きなものの買い物は慎重に。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

物を増やさない工夫。新しい趣味を始めるときに注意すること。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

自分にとってちょうどいいストックの量を知る方法。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク