ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

大きな本棚は捨てました。大きい収納は物を増やす原因になります。

<大きな本棚は処分しました>

在宅で仕事を始めたころ、「本棚は絶対必要!」と特に何も考えず大きい本棚を買ってしまっていました。

 

仕事=本棚必要

 

というよくわからない方程式が自分の中で出来上がっていたようです。

あのころは、物がたくさんあった部屋から、断捨離してだいぶ物が減っていた時期でしたが、なぜか、本棚に関しては「絶対いる!」という変な思いがありました。

 

しかし、私の仕事は参考資料として本はほぼ必要ないのです・・・。

 

ただ、「本棚に本がたくさんある、仕事している私」というイメージに酔っていたかっただけかも^^;

 

大きい本棚を買ったものの、並べる本も特になくかなりスカスカでした。最初は、そのスカスカ具合も気にならなかったのですが、いつも見ていると、そのスカスカした空間が落ち着かなくなって、何かそこに置きたいという衝動に駆られるようになりました。

 

そして、本棚なのに掃除道具を置いてみたり、ストックを置いてみたり、仕事用に買ったはずが、結局使いこなせずに日用品を置くことに・・・。

 

何もないただの空間なら、何か物を置いてその空間を埋めたいとは思わないのですが、本棚は空間が余っていると何かを置きたくなってしまうんですよね。

 

我が家には食器棚がないのですが、多分食器棚も持っていたら、空間を埋めたくなって仕方がなかったかもと思ったり。

 

大きな本棚は目につくところにあって、見るたびにもやもやしていたので、最終的には粗大ごみに出しました^^;本棚においている物が目につくというのも、ストレスでした。

 

本もほとんど持っていなかったし、夫専用の本棚代わりのカラーボックスもあったので、そちらに本はすべて移動。

 

お金を出して大きな本棚を買って、そしてお金を出して粗大ごみとして捨てる。

なんて無駄なことをしたんだろうと反省しました。

 

もう絶対に本棚は買わないし、大きな収納も買わないですね。

 

大きな収納があると、なんだか何か置かないともったいないような気がしていろいろと置いてしまい、物を増やす原因になってしまうなと思いました。

 

それに、大きい収納を置くと、部屋が狭くなってしまうので、なるべく置かないほうがいいですね^^

 

関連記事

捨てる方法が分からないものは、できるだけ買わない!買うときに捨て方を意識しよう! - 物を減らして、すっきり暮らす!

部屋着を断捨離。秋・冬用の部屋着はワンピースにして服の管理を楽ちんにする! - 物を減らして、すっきり暮らす!

人生を変えたいなら、まずはいらないものを捨ててみる。いらないものを捨てると人生が動き出す! - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ