ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

似合う服はどんどん変わるから、少ない服を着まわす暮らしがちょうどいい。

20150721160643

似合う服はどんどん変わっていくものです。

体型が変わったり、肌のハリが変わったりすることは、生きていれば避けようがないことです。

 

体型の変化、見た目の変化は避けられないけれど、その変化に応じて着る服を変えることはできます。

 

見た目よりも明らかに服装が若すぎたりするのは、年齢を余計に感じさせてしまうので、年齢に応じてうまくバランスがとれるようになりたいなと思っています。

 

スポンサーリンク

 

年齢に応じて似合う服を変えるためにも、普段からたくさんの服を持たずに、少ない服で暮らすのがいいと思います。若い時に高額な服をたくさん買ってしまって、もったいないからと年を重ねても同じ服を着続けるのは、服と年齢のバランスが取れず、あまりいい印象を与えない気がします。

 

ある時期にだけ似合う服をたくさん持っていても、いずれ似合う服は変わっていくものなので、もったいないです。

 

たくさん服を持っていても、似合わなくなったら潔く処分できるならいいのですが、貧乏性の私はたくさんの服を一度に処分したりすることはなかなかできなそうなので、やはり少ない服をガシガシ着まわして、壊れたら買い替えたり、似合わなくなったら潔く処分できるようにしたいなと思います。

 

「今まで来ていた服が急に似合わなくなる」という経験は今までにも結構あって、その時はちょっとショックなのですが、体型が変化したり、顔立ちが変化すれば服が似合わなくなるのも仕方ないことです。

 

似合わないなと思っているのに、その感情を無視するのはなかなかツライものなので、似合わないなと思ったらすぐに服を買い替えられるように、「少ない服を着まわす暮らし」を続けたいと思います^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

断捨離のリバウンドをしないコツ。 - ひつじ日和

【お金とうまく付き合うコツ】「必要なモノ」と「欲しいモノ」の違い。 - ひつじ日和

【失敗を恐れず行動する】断捨離は失敗してうまくなる。 - ひつじ日和

春服計画。春は服を買い足さず、冬に着ているデニムワンピースを着ます! - ひつじ日和

【服選びで失敗しないコツ】自分に似合わない服を把握する。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ