ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

絶対に服で悩みたくないなら、「流行の服」ではなく「定番の服」を買う。

20160408102032

「これだ!」という自分なりの定番コーディネートを見つけても、そのコーディネートに使ったアイテムが流行の服だったら、次の年にまた服で悩むことになります。

 

自分に合う服を見つけた!と喜んでいても、次の年にも同じ形やデザインの服が売られていないと、また果てしない服探しの旅に出なくてはなりません。こういうことがすごく嫌で、毎年、毎シーズン服のことを考えるのがちょっと面倒になってきました^^;

 

流行の服を気に入って買っても、次の年もその流行が続いていればいいけど、続いていなければもう着られないかもしれないし、気に入っていても同じものを買い替えることができません(もう売られていないので・・・)。

 

さんざん、「これいい!」と思ったデザインの服が翌年には売られていないという現実を突きつけられ、私がたどり着いたのは、「毎年必ず売られている、定番の服を買おう」ということ。

 

定番の服なら買い替えもラク

例えば、シンプルなシャツ、デニム、ニット、パーカー、デニムワンピースなどは、定番の服として、大体いつでも服屋さんに置いてあります。こういう服は、ちょっとだけデザインが変わったとしても、大きな変化がないので買い替えがらくちんです。

 

私はもう服で悩むのは嫌なので、冬はデニムワンピース+レギンス+コートというシンプルコーディネートです。しかもデニムワンピースはGUの色違いのモノを着まわしています。

2016-2017冬のファッションは、GUのワンピース2着、アウター1着で完了! - ひつじ日和

 

デニムワンピースは真夏以外は着ることができるので、服で悩むこともなくなりました。ただ、真夏だけはデニムワンピースは暑くて着ることができないので、毎年悩むところです。真夏の定番コーディネートはまだまだ見つけられていませんが、それ以外の季節はデニムワンピースで落ち着いているので、服の悩みはゼロです。

 

デニムワンピースは、愛用しているGUでは毎年売られているアイテムなので、安心してコーディネートに取り入れることができます。今着ているデニムワンピースが壊れたらまた新しいものに買い替えるだけです。

 

もしGUでの取り扱いがなくなっても、たしかユニクロでもデニムワンピースは売られていたし、無印良品でも売られているので、慌てることもありません。

 

私の場合は、デニムワンピースを着まわしていますが、これをシンプルなシャツ+デニムとか、パーカー+デニムとか、ニット+デニムなど定番アイテムでコーディネートしておけば、着ている服が壊れたり、よれよれになって買い替えようと思ったときにも、服探しがらくちんです。

 

服の色も決めておくとさらにラク

服で悩まないために定番の服でコーディネートを考えるのと同時に、服の色をある程度決めておくとラクです。ニットでも、シャツでも、服屋さんに行くといろいろな色が売られていますが、自分に似合う色、自分がマシに見える色ってそんなに多くはないと思うんです。

 

私は、デニム色、ネイビーの服を着ると自分がマシに見えると勝手に思っているので、アウターはネイビーで統一して、服はデニムワンピースにしています。

【服選び】アウターの色はネイビーで統一。ネイビーはオシャレ度を上げてくれる便利な色。 - ひつじ日和

 

自分に似合う服や服の色を見つけるには、リサイクルショップがおすすめです。服売り場の面積が広いリサイクルショップなら、いろいろなサイズ、色、デザインの服があるので、いろいろな服を試着でき、自分に似合う服のデザインや服の色を見つけることができます。

似合う服の探し方。似合う服は、リサイクルショップで見つける。 - ひつじ日和

 

流行アイテムを取り入れて、いろいろと悩むのが楽しい!という方は、悩むこと自体が楽しみなのでいいと思いますが、私のように服のことで悩むのがイヤ!という方は、毎年売られているような「定番の服」でコーディネートを考えると、とても楽です。

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

1年中レギンス宣言!蒸れやすいタイツはやめて、1年中レギンスを履くと決めました! - ひつじ日和

【服を増やさないコツ】着心地の悪い服は、1回しか着ていなくてもすぐ処分する。 - ひつじ日和

【服選び】似合わない服(アイテム)は潔くあきらめて、自分が似合う服を着よう! - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク