ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

似合う服の探し方。似合う服は、リサイクルショップで見つける。

20160422070453

自分に似合う服を見つけるのって難しいですよね。

私も昔は自分に似合う服が分からなくて、いろいろな服を買って着てみてはイマイチだから断捨離して、また別の服を買うということを繰り返していました。

 

自分が好きなテイスト、好きな服屋さんって自然と固定されてしまうのですが、その固定された中で自分に似合う服を見つけるのは難しいです。いつもの服屋さんやいつものテイストの服を着ていて似合う服が見つからないなら、いつもは着ないテイストの服を着てみたり、いつもはいかないような服屋さんに行く必要があります。

 

いつもと違う場所や違う服に、似合う服はあるのです。

 

といっても、いきなり違うテイストの服を買ったり、服屋さんに行って試着するのは気が引けちゃいますよね^^;そんな時は、リサイクルショップに行くのがおすすめです。

 

似合う服を探すためのリサイクルショップ

自分に似合う服を探すためには、いろいろなテイストの服を試着してみないといけません。試着なしに、自分に似合う服は見つけられません。

 

自分に似合う服を探すためにリサイクルショップに行くときは、オーナーこだわりの古着が置いてあるようなオシャレな古着屋さんでなく、いろんなテイストの服がごちゃ混ぜに置いてあるリサイクルショップがいいです。服の売り場面積が広いと選べる服が増えるので、さらにいいです。

 

私のオススメは、ブックオフの大型店舗です。しかも、服の売り場面積が広い店舗がかかなりおすすめです。服の売り場面積が大きい店舗だと、「ニット」というくくりだけでなく、ニットでも色別にきれいに並んでいることが多いです。

 

リサイクルショップでの似合う服探しのコツ

まずは、手あたり次第自分が気になる服をチョイスして、試着してみましょう。その中で、自分に似合う服、マシに見える服があれば、とりあえずはカゴに保留しておきます。

 

自分が選んだ「気になる服」の中から、似合う服やマシに見える服がければ、今まで挑戦したことがないテイストの服を試着してみます。欲しいものがスカートなら、いろんなテイストや色のスカートを着てみましょう。ブックオフは自由に試着ができるので、気兼ねせずにどんどん試着あるのみです!

 

いろんなテイストの服を試着しているうちに、「白っぽい服が好きだけど、実は濃い色の服のほうが似合う」とか「スカートが好きだったけど、実はパンツスタイルのほうがスタイルがよく見える」なんてことが分かってきます。

 

私は、白色の服が好きだったのですが、いろいろと試着していろんな色の服を着て比較しているうちに、白よりもデニム素材の色がマシに見えることが発覚しました。あとは、トップスとボトムスでコーディネートするよりも、ワンピース1枚をさらっと着たほうがマシに見えるなーということも分かってきたので、最近はデニムワンピースで落ち着いています。

 

一旦、自分がマシに見える服が見つかれば、服を買う場所はリサイクルショップでもどこでも大丈夫になります。

 

リサイクルショップで服を買うときの注意点

リサイクルショップでは、かなり安く服を買うことができるので、ついついあれもこれも欲しくなってしまうのですが、「安いから欲しくなっていないか?」、「定価なら買うか?」を自分自身に確認してから買わないと、家に帰ってから後悔することになります。

 

私は、リサイクルショップに行き始めたころは、安いからあれもこれもいろいろ欲しくなって買い込んでいました。買ってから着続けている服もあるけど、なんとなく安いから買った服は結局あまり着ずに断捨離したものも多いです・・・。

 

リサイクルショップで気に入った服を見つけたら、定価でも欲しい服か?冷静になってから買うのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

カーディンガンとトップスは同系色にするとコーディネートがすっきりする。 - ひつじ日和

流行の服が似合わない場合はどうすればいいのか? - ひつじ日和

パッと見おしゃれに見えるのは、髪や肌がきれいな人。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク