ひつじ日和

頑張りすぎない暮らし。

【自分軸は断捨離で鍛える】お金が貯まる人は自分軸がしっかりしている。

20160125153546

お金をしっかりためている人は、自分軸がしっかりしているんだと思います。

久しぶりに購入したサンキュ! 2018年 07月号 [雑誌]で、

1000万円貯めた人は「マイスタンダード」がある。

と書いてあって、「そうだよなー」と納得。

「マイスタンダード」があるということは、流行や価格の安さに踊らされることなく、モノ選びができるということ。

 

「これにはお金を使うけれど、これにはお金は使わない」という軸があって、むやみにお金を使わないからお金が貯まっていくんですよね。しかも、欲しいものを我慢しているわけでなく、欲しい物には予算をしっかりとっているから、ストレスなく貯められているようです。

 

逆に、周りに流されやすい人は、雑誌で見たから、テレビで見たから、友人が持っているからとなんとなくの理由でどんどん物を買ってしまうので、なかなかお金は貯まらない。貯まらないどころか赤字になることもあったりして・・・。

 

スポンサーリンク

 

自分軸は断捨離で鍛えられる

以前の私は、完全に「周りに流されやすいタイプ」でした。

そもそも自分が好きなもの、お金をかけたいものということが分かっていなかったので、雑誌で見たもの、友人が持っていたものを自分も欲しいものだと思い込み、アレコレ必要もないのに買い込んで、家の中はモノであふれていました。

 

そんな私でしたが、断捨離をしていくうちに、「自分にとって必要なモノ、必要でないもの」が分かるようになって、いらないものにはお金はかけない暮らしになって、自然にお金が貯まるようになりました。

 

断捨離をしたら、

・自分にとっているもの、いらないものを分別する力が付く

・分別しているうちに、本当に自分にとって必要なものが分かる

・必要でないものは買わなくなる

・それほど自分に重要でないものにはあまりお金をかけなくなる

というメリットが自分にはありました。

 

断捨離を通して自分軸がしっかりしたので、物欲にも惑わされずお金が貯まるようになるんだと思います。

 

断捨離は自分と向き合うことになるので、苦しく感じることもありますが、それを乗り越えると家の中はすっきりするし、お金が貯まるようになるし、掃除はしやすくなるし、いいことづくめです。

 

断捨離がなかなか進まない場合は、まずは確実に要らない粗大ごみやれーシートなどの細かいごみを捨てることから始めると断捨離へのハードルが下がって続けやすいですよ^^

 

スポンサーリンク

 

 

■こちらの記事もどうぞ

使わなくなったお風呂掃除グッズ2つを断捨離。 - ひつじ日和

「セリア」のBOXティッシュケースから卒業。使い勝手の良い「白いティッシュケース」に買い替え! - ひつじ日和

掃除が嫌いだった私が、掃除の習慣化に成功した2つの理由。 - ひつじ日和