ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

苦行のように頑張りすぎなくていい。どれだけ効率よく楽しく暮らせるかが重要。

20151008120716

家事も仕事も、頑張りすぎると体も心もボロボロになります。

「しなきゃいけない」、「こうしないといけない」という偏見を捨てれば、意外と効率よく楽に生きられる気がします。

 

私は極力嫌なことを減らしたくて、通勤が嫌だから自宅で仕事しているし、最近は買い物が面倒だから宅配だし、掃除が面倒だからいろいろと掃除グッズを使っています^^;本当に面倒な場所の掃除はそのうち掃除サービスを利用する予定です。

 

面倒なことを嫌々やる時間を減らしたことで、自分のため、家族のために時間を使うことができます。基本的に、自分の機嫌がよくなければ家族にも優しくできないので、自分の機嫌は自分で取るしかないのです。

 

ご機嫌で暮らすためには、嫌なことはできるだけ減らす、やらなくていいことはやらない。と割り切らないとしんどくなります。料理が嫌なら無理して献立を考えなくても、【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】 などの料理キットがあるし(割高ではありますが)、掃除が嫌ならたまには掃除サービスを利用する。見栄のためにお金を使うことよりも、そういったことのためにお金を使うほうが、生き生きと暮らせるのではないでしょうか?

 

なんでも自分でやらないと気が済まないというタイプの人は、自分で自分を追い込みがちです。自分ですべてを背負い込んで体も心も大丈夫というならいいのですが、もういっぱいいっぱいというのであれば、何かを手放すことも必要です。

 

スポンサーリンク

 

これは自分でやりたいけど、これは誰かにお願いしよう。

という風に割り切って、効率よく自分の時間を作ることができれば、もっと暮らしは楽になるはず。何もかも自分一人でやる必要はないんです。

 

という私は、今は面倒なことはできるだけやらない方向で工夫していますが、以前は何でも自分でやらないと気が済まないタイプでした。でも、自分一人でできる量なんて限られているから、うまく全部できなくてイライラしたり、挙句の果てには心と体のバランスを崩してパニック障害になったりしていました・・・。

 

ひとそれぞれ頑張れるエネルギー量は違うので、ほどほどのところで休憩するようにしたり、うまく手を抜いたり、やらないことを決めないとダメですね。最近は、以前なら自分一人で全部やっていたところを、夫にもいろいろと手伝ってもらっています。お願いしてみると、あっさりと「いいよ」と言ってもらえたので、無理せずもっと前からお願いしてみればよかったなと反省中です。

 

体や心のバランスを一度崩すと元の戻すことはなかなか難しいので、無理しすぎない、周りにお願いする、民間や行政のサービスを利用するなど工夫して、効率よく楽しく暮らしていきたいものです^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

献立を考えなくていい!オイシックスの「KitOisix、ジューシーそぼろと野菜のビビンバ」を試してみました! - ひつじ日和

【梅雨時期も汚れ、カビ、水アカゼロ】キッチンの「キレイ」をキープする5つのコツ。 - ひつじ日和

ストレスをマメに解消すれば、お金は貯まる。 - ひつじ日和

いらないモノを売ってお小遣いに。リサイクルショップに売って高値が付いたモノ2選。 - ひつじ日和

私がモノをため込んでいた理由。「いらないモノは捨てる」という発想がなかった。 - ひつじ日和

 

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ