ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

【虫との戦い】私が断捨離に本気になった「本当の理由」。

20150810143548

私が断捨離を始めたのは、「断捨離をしたら人生が変わるかもしれない!」と直感的に思ったからです。でも、どうしても断捨離をしないといけないという状況ではなかったから、最初のころはそんなに断捨離に力が入っていませんでした。

 

ところが、嫌でも断捨離に本気になる事件が起きたのです。

 

引っ越しが多くて電化製品をため込んでいた

私は引っ越しが多く、ガスコンロをプロパンガス用と都市ガス用の2台もっていたり、使っていない炊飯器を持っていたりと使っていない電化製品を多く持っていました。一人暮らしの時期は貧乏暮らしだったから電化製品はかなり貴重品で、結婚をして夫と暮らし始めてからも、その貧乏性が抜けず、使っていない電化製品を持ち込んでいました。

 

今思えば、それがいけなかったんです。

 

スポンサーリンク

 

ガスコンロで虫が繁殖

ガスコンロは使用済みなので、油が付いたままです。その油は虫たちの栄養になるようで、ガスコンロが虫の繁殖場所になっていました・・・。皆さんご存知の、黒光りしているあの虫です。

 

それに気が付いたときは本当に驚愕で煙で虫を駆除するグッズをすぐに使いましたが、使いもしない電化製品をいつまでも置いておくからこんなことになったんだと反省し、すぐに粗大ごみ回収の電話をしたのでした。

 

虫ゼロの家にするために断捨離が加速

虫が繁殖してしまったガスコンロなどの電化製品を処分しても、他にもモノがたくさんあって、虫が隠れている可能性もあるかもしれないという恐怖があり、とにかく、虫がいないかどうかすぐわかるような、すっきりとした家にしようと決心しました。

 

それからは、断捨離が加速し、虫がいないかどうかすぐに確認できて、探し物がゼロになるまでモノを減らすことができたのです。

 

強烈な動機がないと断捨離に本気にならないのかも

いらないモノを減らしたいと漠然と思っていた時はなかなか断捨離に本気になれていませんでしたが、「虫が繁殖した」という強烈な体験が、私を変えたのだと思います。人は何か強い動機がないと新しいことを頑張れないモノなのかもしれません。逆に、強い動機があれば何でもやってのけてしまうのかもしれないなと悟った出来事でした。

 

もう虫が怖くてモノは増やせません^^;

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

【持っている服全部公開】少ない服で暮らす私が持っている服は全部で9着。全部集めてみました! - ひつじ日和

美容院のトリートメントをキープしたい!自宅でのトリートメントのコツ。 - ひつじ日和

【断捨離が続かない人向け】断捨離を続けるための2つのヒント。 - ひつじ日和

【断捨離で挫折しない方法】毎日10分、いらないモノを探す習慣を作る。 - ひつじ日和

やる気が出ないときに効果のある3つの方法。 - ひつじ日和

  

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ