ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

服を無駄にしないために、似合う服は自分で見つける。

20161205120017

服を買うときは1人で買いに行きますか?それとも、誰かと一緒に買いに行きますか?もし、いらない服を増やしたくないと思っているのであれば、服を買いに行くときには1人で行くのがオススメです。

 

誰かと一緒に服を買いに行くとあまり真剣に選んだり、自分の気が済むまで試着することができないですよね。いらない服を増やさないためには、しっかりと服を試着して、自分がマシに見えて、気に入る服を見つけることが大切です。

 

誰かと服を買いに行って、「これに合うんじゃない?」とすすめらえると、自分の好みじゃなくても拒否できないし、なんとなく買ってしまう流れになることが多い気がします。一緒に買い物に行く人が気軽に意見を言えるような相手ならいいですが、そうじゃないならやはり服の買い物は一人で行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

特に周りの意見に流されやすい人は、1人で買い物するのも重要だし、接客を受けるタイプの服屋さんでお店のスタッフの意見を全部受け売れてしまうのは危険です。

 

「似合う服」というのは、周りの人から見て似合う服と自分が思う似合う服は違うことが多いですが、周りから「似合うよ」と言われる服より、試着した時に自分がマシに見えて、気に入る服を買ったほうがいいと思います。

 

なぜなら、誰かにすすめられた服を買っても、自分が納得していなければいらない服になる可能性が高いからです。

 

一緒に買い物に行った人に「似合うんじゃない?」とすすめられた服を自分も気に入っているなら問題ないですが、あまり気に入っていないし、試着してもイマイチだなと思っているなら、その服は買った後にいらない服になってしまうかもしれません。

 

私も、「絶対似合うよ!」と強くススメられて、なんとなく自分では納得していなかったけど、「もしかしたら似合うかも?」と思って買った服は、ほぼ着ない服になっています^^;そんなことを何度も経験したので、服の買い物は1人で行くし、自分が思う似合う服で、気に入る服を買うようになりました。

 

もしかしたら、周りから見れば似合っていないということもあるかもしれないけど、似合う似合わないは好みの問題もあるし、ある人が私の着ている服を似合わないと思っていても、別の人は似合うと思ってくれるかもしれない。そういうものだと思っているので、服を買うときは自分基準で買うほうが、服を無駄にしないと思います^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

【いらない服を増やさないコツ】服を買う時に悩んだら、買った後にストレスにならないかどうかを基準に考える。 - ひつじ日和

【モノを増やさないコツ】100円であっても、妥協はしない。「なんとなく買い物しない」のがコツ。 - ひつじ日和

【毎日の掃除】トイレブラシを使わない毎日のトイレ掃除方法。 - ひつじ日和

【少ない靴で暮らす】履きにくい靴、手入れが面倒な靴はいらない。 - ひつじ日和

私が髪にお金をかけて、服にお金をかけない理由。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ