ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

【いらない服を増やさないコツ】服を買う時に悩んだら、買った後にストレスにならないかどうかを基準に考える。

20160610113336

できれば、いらない服は増やしたくないですよね。いらない服を増やさないためには、服を買うときに自分なりの「基準」を作っておく必要があります。その「基準」は、いつもいらない服になってしまう理由から探っていくのがおすすめです。

 

私の場合、服をせっかく買っても着なくなってしまう服は、

・着心地が悪い服

・サイズ感が合わない服

・毛玉ができやすい服

・洗濯が面倒な服

などです。

 

よくよく考えてみると、服を着る時にストレスを感じるもの、服を洗濯するときにストレスを感じるものは、「いらない服」になってしまうんですよね^^;

 

そう考えると、着なくなってしまう服と逆の服を買えば、「いらない服」にはならないわけです。となると、私にとって「いる服」は、着心地がいい服、サイズ感があっている服、毛玉ができない服、洗濯が簡単な服ということになります。

 

スポンサーリンク

 

「いらない服」になってしまう基準は、人それぞれ違うと思いますが、共通しているのはその服を着る時にストレスを感じるかどうか?だと思います。

 

自分は、服を着ているときにどういう状態だとストレスを感じるのか?ということをじっくり考えてみると、自分にとっての「いらない服」、「いる服」というのが見えてくるはずです。

 

服屋さんやネットで自分好みのデザインの服を見つけるとテンションが上がって、ついついデザインだけを見て、その他の欠点が見えなくなってしまうことがありますが、「いらない服」を増やしたくないのであれば、一旦冷静になって、この服を買って、着た時にストレスにならないだろうか?ということを考えてみるクセをつけましょう。

 

自分にとってストレスになる服がどんなものか分からないまま服を買ってしまうと、やはり「いらない服」、「着ない服」を増やしてしまうことになります。普段から、どんな服を着ているとストレスに感じるか?どんな服なら長く着ることができるか?ということを考えて、メモやリストを作っておくと服を買うときの失敗も減ると思います。

 

いつも同じような服を買って失敗してしまうとお金がもったいないですよね。同じ失敗をくり返してしまうのであれば、「自分」がストレスに感じない服を時間をかけて考えてみるのがオススメです^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

自分の服も、夫の服も、アイロンが必要な服は買わない。 - ひつじ日和

服を買うのは年に2回。予算は年間4万円です。 - ひつじ日和

不用品をリサイクルショップに売るなら、高く売れるタイミングを逃さない。 - ひつじ日和

似合う服を見つける唯一の方法。 - ひつじ日和

外出着を2枚しかもっていない私が考える、少ない服で暮らすメリット、デメリット。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ