ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

断捨離で人生が変わった私が考える、「断捨離で人生が変わる」の仕組み。

20151008120716

「断捨離すると人生が変わる」、「断捨離すると人生がよくなる」という言葉を目にすることがあります。断捨離しただけで、本当に人生が変わるの?と疑問を持つ人も多いと思いますが、私は断捨離で確実に人生が変わりました。

 

どんな風に変わったかをざっくり書いてみると、いつも探し物に時間をかけていたのに探し物の時間がゼロになったり、自分にとって必要なものが分かるようになったから家にモノが増えなくなったり、モノが減ったから掃除ができるようになったりと、私にとっては生まれ変わったと言えるほど、自分の人生が変わったと思っています。

 

ただ単にモノを捨てたり、減らしたから何かが変わるというよりは、モノを減らしたことで家の中がすっきりし、「モノに関する悩みが減った」ことで、フットワークが軽くなり、前向きに暮らせるようになったのだと思います。

 

モノのメンテナンスに関する悩み、モノを収納する悩みなど、モノが多いということは、その分モノに関する悩みが多くなります。

 

スポンサーリンク

 

でも、断捨離を通してモノが少なくなり、自分が管理できる量まで減ると、モノ探しで悩む時間もなくなり、たくさんのモノを収納する方法で悩むこともなくなり、モノのことで悩む時間が無くなります。

 

自分に必要なモノ、好きなモノがはっきりしてくると、モノを買うときも「こういうものを買う」という自分だけの基準ができるので、モノ選びで悩むこともなくなります。

 

日々の暮らしの中で、意識的であれ、無意識であれ、モノのことで悩んでいる時間は多いですよね。断捨離をすると、そんな「モノのことで悩む時間」が減るので、モノのことを考える必要がなくなった分、やりたかったことにチャレンジしたり、新しことを始める時間ができます。

 

私は、家の中がいらないモノでギュウギュウだったころ、いつも「片付けなきゃ」、「いらないモノを捨てなきゃ」と思っていました。でも、思っているだけで実際には何も行動していなくて、「片づけなきゃ」と悩むことだけに無駄に時間を使っていたのです。

 

でも、いざ断捨離を初めていらないモノを処分したら、もう「片付けなきゃ」と悩む必要も、「捨てなきゃ」と悩む必要もなくなったので、心のモヤモヤが消えて、家の中も心もすっきりしました。私にとって人生を変える入り口となったのは断捨離でしたが、その入り口が掃除だったり、ダイエットだったり、人それぞれだと思います。

 

自分にとって一番の悩みの種となっていることを解消し始めると、前向きな気持ちが成長して、そこからどんどん人生がいい方向に向かっていくのだと思います^^

 

断捨離で人生が変わるの仕組みのまとめ

断捨離でいらないモノを減らす

探し物の時間が無くなる、片付けに悩まなくなる、掃除がしやすくなる

モノに関する悩みが減る

新しいこと、やりたかったことにチャレンジする時間ができる

前向きになる

人生が変わる

 

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

【人生を充実させるために】考えすぎると動けなくなるから、考える前に動く癖をつける。 - ひつじ日和

「後回しにしない習慣」が、すっきりした暮らしを作る。 - ひつじ日和

【断捨離で人生が変わる】断捨離は慣れればうまくなる。失敗なくして成功なし。 - ひつじ日和

【集中力アップのコツ】やりたいことに集中するために、まずやっておくこと。 - ひつじ日和

「散歩」のススメ。生理前のイライラや、普段のストレス解消に効果的。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ