ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。

服を減らしても、清潔感は減らしてはいけない。

20150810143543

毎日の服選びが苦手、面倒なら、服の数を減らすことがおすすめです。服の数が減れば、「今日は、どの服を着よう?」と悩むまでもなく、クローゼットにある服を着るだけです。私はこの冬はGUのデニムワンピース2枚を着まわしてるので、服で悩む時間はゼロです。1枚着ているときには、もう1枚は洗濯中なので、強制的に着るワンピースは1枚だけなので、とても楽です。

 

でも、服を減らしても、清潔感は減らしてはいけないと思っています。持っている服が少ないということは、毎日同じようなコーディネートとしているということですよね。きちんと洗濯しているとしても、持っている服が少ないと服の消耗が激しく、短期間で毛玉ができたり、ヨレヨレになることもあります。そうなると、清潔感は一気になくなり、ただただ服を少ししかもっていない清潔感のない人という印象を周りに与えてしまいます。

 

私は在宅で仕事をしており、人と接することもほとんどないので毎日同じような服装でも問題ないですが、人と接する、人と会う機会が多い人は特に「清潔感」があるかどうかには気を使ったほうがいいです。

 

スポンサーリンク

 

服の状態をマメにチェックする

服が少なくても清潔感をキープするためには、毛玉がないか?ヨレヨレじゃないか?などをマメにチェックして、これ以上は清潔感を保てないなと思ったら、服を処分して買い替えましょう。服は一生ものになるような高い服ではなく、リーズナブルな服をマメに買い替えて清潔感をキープするほうがいいと思います。

 

高い服のほうが生地の質がいいことは確かですが、「高かったから」と言って毛玉ができても、ヨレヨレになっても着続けてしまうような人は、高い服を少し持ってずーっと着続けるよりも、リーズナブルな服を定期的に買い替えて、清潔感のある状態を保つことのほうがオススメです。重要なのは、高い服を着ていることではなく、清潔感があるかどうかです。

 

髪の毛さえきれいなら全体の清潔感がアップする

髪の毛がきれいかどうかは、人の印象を大きく変える要素です。いくらきれいな服を着ていても、高い服を着ていても、髪の毛がボサボサだと清潔感はゼロです。服と髪の毛、どちらにお金をかけるかと聞かれれば、即答で「髪の毛」です。

 

髪の毛がツヤツヤで、手入れされている印象であれば、服はリーズナブルなものでも高く見えます。それほど、髪の毛がきれいかどうかは重要だと思います。私は昔から美容院が苦手で、あまり頻繁に行っていませんでした。美容院に行かなくても自分できれいな髪の毛をキープできるならいいのですが、私の場合はくせ毛がひどく自分ではどうにもきれいにできない。なのに、美容院に行く頻度は半年に1回くらいだったので、ぼさぼさで、伸びっぱなしの清潔感のない髪の毛でした^^;

 

私が美容院が苦手だったのは、美容院の雰囲気が苦手、電話で予約するのが苦手、美容院のスタッフとの会話が面倒というものです。こういう方多いのではないでしょうか?そんな私も今では毎月1回(または1.5か月に1回)は美容院に行ってカットとトリートメントをしてもらっています。美容院に通えるようになったのは、ネットで美容院を予約できるホットペッパー ビューティーを知ったことと、自分に合った美容院をやっと見つけられたからです。

 

私が苦手なのは、年齢が離れすぎている美容師さんと接すること、美容師さんが1度に何人も対応していて長時間待たされること、電話で予約することだったのですが、年の近い美容師さんが1人でやっている美容室を発見し、「私が探していたのは、ここだ!」と、やっと理想の美容院を見つけることができました^^美容師さん1人にお客さん1人という空間なので、他のお客さんのことも気にならないし、ゆっくりすることができます。

 

自分にピッタリの美容院を見つければ、美容院に通うのも楽しくなります。自分に合う美容院を見つけるまでは、いろいろな美容院に行って「失敗したなー」ということもたくさん経験していますが、行ってみないことにはわからないので、めげずに美容院探しをするしかないですね。

 

私は、ホットペッパー ビューティーを利用してネットで予約しているので、ホットペッパー ビューティーのリクルートポイントと美容院のポイントの両方をお得にためることができています(美容院によってはポイントカードがないかもしれないですが・・・)。ホットペッパーのポイントはPontaポイントに交換してローソンで使用し、美容院のポイントは美容院の割引に使っています。

 

まとめ

服のことで悩みたくない人は服を減らすと毎日の服選びが楽になりますが、服を減らしても清潔感は減らさないようにし、清潔感を減らさないために服の消耗具合はマメにチェックし、髪の毛をきれいな状態にしておくようにしましょう。髪の毛さえきれいなら全体の清潔感はかなりアップするので、服にお金をかけるよりも、髪の毛にお金をかけるほうが絶対にいいです!

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

服を買うのは年に2回。予算は年間4万円です。 - ひつじ日和

クローゼットからあふれ出すほど服を持っていた私が、服を減らした方法。 - ひつじ日和

似合う服を見つける唯一の方法。 - ひつじ日和

【服の悩みを減らすコツ】無理していろんな服をそろえる必要はない。 - ひつじ日和

服を増やしたくないなら、セールや福袋で服を買わないほうがいい。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ