ひつじ日和

頑張りすぎない暮らし。

「モノを減らすための時間」を作る方法。時間は意識して作るもの。

20150810143548

モノを捨てるのって時間がかかります。

その時間を作るためには、今まで時間をかけていた何かをやめないといけません。

 

「時間がないからモノが捨てられない」と感じているなら、何かをやめましょう。

捨てることに集中したいなら、まずは「やめること」を決めるべし。 - ひつじ日和

 

スポンサーリンク

 

例えば、買い物。

買い物に出かけて、スーパーやドラッグストアで商品を選んで、レジに並んで、レジ袋に詰める。

この作業って結構時間がかかります。

 

もし毎日買い物に出かけているとしたら、かなりの時間を買い物に使っていることになります。買い物に出かけることがストレス発散だと意識してやっているなら全く問題ありませんが、もし「なんとなく」買い物に出かけて時間を使ってしまっているならもったいないです。

 

わざわざ出かけなくても、おうちコープ オイシックス 生協の宅配パルシステム もあるし、Amazonもあるし、家にいながら食品も日用品も手に入る時代です。

 

私はここ2年くらいは食品も日用品もネット注文で済ませているので、本当に必要な時しか買い物に出かけません。食品や日用品はおうちコープ、足りないモノはAmazonなどで購入するので、買い物にかける時間は劇的に減りました。

【嫌なことは無理に頑張らない】「買い物に行くのが嫌い」なので買い物はネットで完結! - ひつじ日和

 

もともと買い物に行くのが嫌いなので、宅配にすることでストレスも減りました。買い物に行く時間が無くなったことで、片付けなどほかのことに時間を使えるようになったのはうれしいです。

 

モノを処分するときも、わざわざ自分がリサイクルショップに出向かなくても、楽天買取フクウロなど宅配買取サービスはたくさんあります。

古い本は匂いが気になるので、楽天買取で売りました。 - ひつじ日和

 

時間は意識して作ろうと思わないとなかなか作れないので、「やめること」を決めて「モノを減らすための時間」を作りましょう!

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

捨てすぎ注意!自分にぴったりのモノの量を見極める。 - ひつじ日和

【誰でもできる!】「捨てスイッチ」の入れ方。 - ひつじ日和

【服の断捨離のコツ】迷わず捨てたほうがいい服。 - ひつじ日和