ひつじ日和

頑張りすぎない暮らし。

【服の断捨離のコツ】迷わず捨てたほうがいい服。

20170912082300

壊れた服、ヨレヨレの服は迷わず捨てられると思いますが、買ってから一度も着ていない服、値段が高かった服は捨てるときに迷ってしまうものですよね。

 

モノを捨てるときに「捨てるかどうか、すごく迷うモノ」は無理やり捨てない方が、後で後悔しなくて済みます。なので、「一度も着ていないから、捨てられない」、「高かったから捨てられない」と悩む服は、基本的には「捨てたい」と思うまで取っておくのがおすすめです。

 

ですが、捨てられないと悩む服の中でも、例外的に「捨てたほうがいい」と思う服があります。

 

スポンサーリンク

 

 

それは、

購入してから10年以上経過した服

です。

 

購入してから10年以上たったものは、もう似合わなくなっているので迷わず捨てましょう。10年もたつと流行も、体系も、顔立ちも変わってしまっています。デザイン性が高い服はもちろん、ベーシックな服であっても購入した当時にぴったりのものを購入していると思うので、「今」の自分には似合わないのです。

 

体重や体形がほどんと変わっていないようでも、10年も経てば自分ではあまり気づかなくても少しずつボディラインなどは変わってしまうし、若いときに着ていた服を10年、20年以上たってから着るのは、パッと見たときに違和感があります。

 

また、体型の問題だけでなく、服は劣化します。

よっぽど湿度や温度管理をしているなら劣化しないかもしれませんが、一般の過程で保管するなら、ほとんど着ていない服も、一度も着ていない服も劣化していきます。湿度が高い部屋に置いているとカビたりするし、においがこもってしまうことも多いです。

 

なので、「買ってから一度も着ていない」としても、「購入するとき高かった」としても、10年以上経った服は、どんどん捨てましょう。

 

私の母は、20代の時に購入した服を大量に保管していますが、たぶんもう誰も着ないし、母自身も着ることはないでしょう。保管状態がいいわけではないので、シミやカビができていると思います。

 

「思い出」として取っておきたいのであれば、服自体を残さなくても写真に残す方法もあります。どうしても「思い出」として取っておきたいのであれば、たくさんある服の中から1つ2つだけ厳選して、あとは処分しましょう。

 

捨てるのがもったいないのであれば、フクウロ楽天買取で自宅にいながら売ることもできます。ブランド物であれば高値がつくかもしれません。売るなら劣化がひどくなる前に早めに売る方がいいです。

 

ファッション関係の仕事をしていたり、おしゃれが趣味でない限り、たくさん服を持っていても管理が大変です。今は、月額制で服をレンタルできるエアークローゼット のようなサービスもあるので、自分でたくさん服を持っていなくても、おしゃれを楽しめます。エアークローゼット はプロのスタイリストが自分だけのためにコーディネートを考えて届けてくれて、返却するときにクリーニングも不要なので、毎日の服選びが面倒な人にもおすすめです。

 

服をたくさん持っていると、体型が変わったり、好みが変わったときに捨てるのが精神的に大変なので、普段着る服は少なくして、体系の変化が好みに応じて少しずつ買い替えるか、エアークローゼット などを利用して服をレンタルするのがいいんじゃないかなと思います。

少ない服で暮らすといいことがたくさん!少ない服で暮らす3つのメリット。 - ひつじ日和

服の失敗続き。体型が変わると服選びが格段に難しくなる。 - ひつじ日和

 

10年以上経ってしまった服はどんどん処分して、「今」の自分に似合う服を着て、気分良く過ごしたいですね^^

 

スポンサーリンク

 

 

■こちらの記事もどうぞ

【2018夏服事情】今年の夏はトップス2枚、ボトムス2枚で乗り切る! - ひつじ日和

【服の買い物のルール】服の買い物で悩むのをやめる。 - ひつじ日和

【クローゼット内の服の収納方法】シーズン中の服は「ハンガー収納」、シーズンオフの服は「バンカーズボックス」に収納。 - ひつじ日和