ひつじ日和

頑張りすぎない暮らし。

粗大ごみを捨ててすっきり!ベビーベッド、ベビーカーなど粗大ゴミをたくさん処分。

20150810143543

ずーっと捨てたいと思っていた粗大ゴミをやっと処分しました!

 

スポンサーリンク

 

今回処分したのは、5つ。

 

①ファルスカのベビーベッド

ベビーベッドは出産前は必要ないよねーと思って準備してなかったのですが、出産してから「あったほうがいい」と急遽購入。生後8カ月まで大活躍してくれました。もっと長く使えるかなと思ったのですが、子どもが自力で出ようとし始めたのでお役目終了。その後子供が1歳半を過ぎるまで納戸に置きっぱなしでした・・・。

 

②コンビのベビーカー

我が家は車がないので、移動は徒歩。抱っこ紐だと腰に負担がかかるので、どこに行くにもベビーカーでした。ただ、1歳半になるころにベビーカーをとても嫌がるようになったので、使うのはやめました。ベビーカーをやめて、エルゴの抱っこ紐で外出していたのですが、子どもの体重がどんどん重くなり、夏だから暑くて「もう、抱っこ紐無理!」となったので、子供乗せ自転車を購入しました。もっと早く自転車を買えばよかったと思うほど、快適です。

 

③バウンサー

バウンサーは出産前に購入したのですが、子どもが嫌がってしまうので、3回くらい使っただけで納戸にしまい込んでいました。まだまだきれいなので、リサイクルショップに持ち込めば売れるとは思ったのですが、まとめて捨ててしまいたかったので粗大ゴミとして処分しました。

 

④空気清浄機

空気清浄機は8年ほど使ったもので、2年くらい前から調子が悪くて使っていませんでした。なんとなく捨てる手間が面倒で放置。今回、ベビーカーやベビーベッドなどの大物を捨てるのでついでに処分。

 

⑤物干し

 家の中で洗濯物を干せるように購入していたのですが、いまいち使い勝手が悪いのでほとんど使っていませんでした。場所も取るので処分。リビングにホスクリーンを設置しているので、こちらの方が場所も取らないし、使いやすいです。

 

ホスクリーンについては、こちらをご覧ください。

持ち家であれば簡単につけられるので、部屋干しする人にはとってもおすすめです!

 

粗大ごみを捨てて家がすっきり

産後体調不良が続いていたり、仕事が忙しかったりと、長い間なかなか粗大ごみを捨てる気になれなかったのですが、体調が安定してきて仕事が落ち着いたらやっと捨てる気持ちに慣れました。

 

思い切って捨てると、家の中がすっきりして本当に気持ちいいです。粗大ゴミって捨てる手続きが面倒なので、後回しにしてしまいがちなんですが、やっぱり不要になったらその都度処分したほうがいいなとあたらめて思いました。

 

スポンサーリンク