ひつじ日和

頑張りすぎない暮らし。

【モノを減らす理由】暮らしを楽にするためにモノを減らす。

20150810143543

モノを減らすと暮らしが楽になります。

 

料理グッズや食器を持ちすぎていると、必要な時に必要なモノが取り出せずに料理に時間がかかってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 

グローゼットや引き出し、床にモノが散乱していると、何がどこにあるかわからなくなって、探し物の時間が多くなります。必要なモノがすぐ見つからないのはストレスだし、探し物に時間をかけるのは時間がもったいないです。

断捨離すれば「探し物の時間」はゼロになる。人生の貴重な時間を探し物に使うのはもったいない! - ひつじ日和

 

床やテーブル、カウンターなどにモノがいろいろ置いてあったり、クローゼットや引き出しにモノをギュウギュウに詰めていると、いちいちモノを片付けてから掃除を始めないといけなくなるので、手間がかかります。

 

もっと暮らしが楽にならないかな?

家事が面倒だな・・・。

そう思うときは、まずはモノの量を見直してみましょう。

 

自分が管理できる量が超えてしまっていると、きちんとモノを収納できなくなって家が散らり、家事もやりにくいし、家にいてもくつろげません。

 

自分が管理できるものの量は、何がどこにあるか分かるくらいの量です。何がどこにあるかわからない、ストックがどのくらいあるかわからないという状態は、管理できる量を超えています。

 

まずは、洗面所だけ、クローゼットだけ、キッチンだけなど狭い範囲から少しずつモノを減らしていきましょう。ネットオフ(宅配買取)フクウロ楽天買取を使えば、家にいながらいらないものを売ってお金にできますよ^^

 

一気にモノを減らそうとすると疲れるし、モチベーションも続きません。モノを減らすのは体力も精神力も使うので、体調がいいときにモノを整理するのがオススメです!

片付けや断捨離が進まないのは、心身ともに疲れているからかもしれません。 - ひつじ日和

 

スポンサーリンク

 

 

■こちらの記事もどうぞ

私が考える掃除が楽になる家とは? - ひつじ日和

【家事を効率よく】家事を楽にするための道具やサービスは積極的に使う。 - ひつじ日和

私の断捨離は、「断捨離したら、人生が変わるかも?」という軽い気持ちから始まった。 - ひつじ日和