ひつじ日和

頑張りすぎない暮らし。

断捨離してはいけない時期(私の場合)。

20151220133834

私にとって、「断捨離をしていけないな」と思う時期があります。

 

それは、

・ストレスがたまっているとき

・ホルモンバランスが崩れているとき

です。

 

スポンサーリンク

 

 

こういう時は、正常にいろいろなことの判断ができないので断捨離だけでなく、大きな決断も控えてます。

 

私自身、こういう時期は、無性に何かが買いたくなったと思ったら、家中のものを全部捨てたくなったり、いきなり仕事をやめたくなったり、精神的に安定しません。昔は、こういった感情に振り回されて、「断捨離だ!」と色々捨てたのに、数日後には捨てたことを後悔したり、普段なら読まない雑誌類を大量に購入して後悔したりしてました・・・。

 

でも、さすがに30才を過ぎると、衝動的な感情は、ストレスが溜まっているときだったり、生理前でホルモンバランスが崩れているときだけに起こることに気が付いて、そういう時期は断捨離したり、重要な決断をしたりするのはやめました。

 

私は昔から生理前になると精神的に不安定になり、それが結構強くでるので、その時期は割り切ってだらだら過ごすことが多いです。普段の自分と生理前の自分は、別人じゃないか?というくらいなので、生理前の自分は自分だけど自分じゃないという感覚。

 

なので、まだ必要なものも捨てたくなったり、逆に必要ないものがなかなか捨てられなかったりして、こういう時期は本当に断捨離には向いていないなと、つくづく思います。

 

そして、この時期は「古いもの、気に入っていないものをお気に入りのものに買い替えたい」という自分と「まだ使えるなら買い替えなくてもいいんじゃない?」という自分の戦いの時期でもあります。

 

正常な判断ができるときなら、「お気に入りのものに買い替えて暮らしたい」と思っているけど、ストレスがたまっていたり、生理前でホルモンバランスが崩れていたりすると、いろいろなことが面倒になって「いちいち買い替えなくてもいいんじゃない?」という気持ちが出てきたりします。

 

でも、ストレスが溜まっていたりする時は「考える」ということが面倒になっているとき。「お気に入りのものに買い替える」という作業は、「どんなものを買うか」について深く考える必要があるので、「そういう時期」はおそらく思考能力が低下して、「別に、使えるなら買い替えなくてもいいじゃん」という感じになるんですが、最初にも書いたように、正常に決断ができる時期ではないので、「別に買い替えなくてもいいんじゃない」という考えがわいてきたら、「ストレスが溜まって疲れてるんだな」、「そろそろ生理前か」と客観的に自分を見て、衝動的に行動しないようにしています。

 

「断捨離してストレス発散」という考えもあるのですが、ストレスいっぱいの時に断捨離して、必要なものまで色々捨ててしまった過去があるので、私の場合は「断捨離でストレス発散」は向いてないですね・・・。

 

ということで、断捨離はストレスがたまってるときや、生理前1週間は控えるようにしてます。

 

スポンサーリンク

 

 

■こちらの記事もどうぞ

お風呂の「水アカ防止」に使っていたスクイジーをやめました。 - ひつじ日和

一週間分の献立を立てるのをやめました。 - ひつじ日和

「セリア」のBOXティッシュケースから卒業。使い勝手の良い「白いティッシュケース」に買い替え! - ひつじ日和

服選びが難しくなるのは、「気に入った服をもう一度買えるとは限らない」からだと思う。 - ひつじ日和

【お金とうまく付き合うコツ】お金が自然に貯まるようになった3つの理由。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ