ひつじ日和

頑張りすぎない暮らし。

できるだけ現金払いをやめる。クレジットカード払いでストレスを減らす。

20161212081605

日々の買い物の支払いを、現金払いからクレジットカード払いにすることにしました。

 

スポンサーリンク

 

 

現金払いをやめる理由

私が現金払いをやめる理由は、「現金の管理が面倒」だからです。

 

現金で支払うと、支払いの時にお札と小銭をそれぞれ出すのに手間取るのが面倒だなと前々から思っていました。脳トレだと思って頑張っていましたが、他のことで脳を使っているので、わざわざストレスだと思っているなら現金払いをやめてしまおうと思いました。

 

現金で支払う生活だと、今どのくらい現金があるか確認したり、現金がなくなったら銀行に行って引き落としたりする作業も発生するのも面倒です。子供が小さいので、できればあまり面倒な作業は増やしたくないんです・・・。

 

私の場合、買い物に行くこと自体を断捨離しているので、あまり外に出かけて現金で支払うという場面も少ないのですが、どうしても買い物に出かけて買わなきゃいけない時は、できるだけクレジットカードが使えるスーパーで買い物します。普段の買い物は、宅配やAmazonで済ませすことが多いので、クレジットカード払いです。

【家事時短】「買い物に行く習慣」を断捨離。食材や日用品の買い物は「おうちコープ」や「ローソンフレッシュ」を利用してます。 - ひつじ日和

 

クレジットカード払いも現金払いと同じ感覚

「クレジットカード払いだと、お金を払っている感覚があまりないので、お金をたくさん使ってしまいがち」という話はよく聞きますが、私は「クレジットカードで支払う=銀行の口座からお金を支払った」という感覚なので、現金で支払っているのとあまり変わらないと思っています。同じ自分のお金ですしね。

 

クレジットカードで支払ったらレシートを確認

クレジットカードで支払ったら必ずレシートは確認しています。支払金額がきちんとあっているかだけの確認です。違っていたらすぐに修正してもらえるように、その場ですぐに確認するのがポイントです。

 

もしもの時の現金は用意しておく

急に現金が必要な時のために、財布と家の引き出しに現金は用意してあります。これは、本当に「もしも」の時のためなので、普段は使いません。クレジットカード払いができないタクシーに乗る必要が出たとき、現金でしか支払えない状況になったときに困らないように最低限の現金は用意してます。

 

これは、クレジットカード払いにする前からやっていました。ある程度の現金は用意しておかないと、災害が起きたとき、銀行に行けない状況になったときに大変なので、普段は使わない「ある程度の金額の現金」は用意しておく方が安心です。

 

スポンサーリンク

 

 

■こちらの記事もどうぞ

【「なんとなく」の習慣を断捨離】雑誌を買うのをやめました。 - ひつじ日和

【お金とうまく付き合うコツ】お金が自然に貯まるようになった3つの理由。 - ひつじ日和

【時間の節約】銀行へ行くのは3か月に1回のペース。ネットバンキングも活用して時間を節約。 - ひつじ日和

日々、断捨離。モノは定期的に見直して「今」必要なモノだけにする。 - ひつじ日和

「家しごとがもっと楽しくなるノート術」の感想。「ゆるりまいさん」のノートの使い方に共感。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ