ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

【毎年の手帳問題を解消】手帳は使わず、ダイソーの「卓上カレンダー」と「家事ノート」を使います。

20170913080848

毎年、9月を過ぎると本屋さんや雑貨屋さんに並び始める「手帳」。雑貨店で働いていた経験があるので、この時期になると「たくさん手帳を売ったなー」と思いだします。

 

毎年のようにたくさんの手帳が売られているのを見ると、なんだか「自分も買わないといけないんじゃないか?」と思ってしまうのですが、今まで手帳を買ってきちんと使い切れたことがありません^^;

 

なので、ここ数年は手帳は買わず、ダイソーの卓上カレンダーで予定を管理しています。在宅で仕事をしていますが、そんなに込み入った仕事はしていないので、マンスリータイプの卓上カレンダーで十分なことに気づいてしまったんです。

 

ちなみに今年使っているのは写真右のマンスリーカレンダーです。写真右のカレンダーは来年度版です。先日ダイソーに行ったときに2018年(来年度)のカレンダーが売られていたので、さっそく購入してきました。

20170913080911

カレンダーに求めるのは、予定を書き込める十分なスペースがあることと、見た目がシンプルなことです。ここ3年くらいはダイソーのこのタイプのカレンダーを買っているのですが、早めに買っておかないと在庫がなくなって手に入らなくなるので、見かけたら即購入です。

 

スポンサーリンク

 

カレンダーに「家事ノート」も追加

20170913080848

最近始めた「家事ノート」。

A4サイズの紙に1週間分の予定と夕飯の献立を書き込むだけのシンプルな家事ノートですが、この家事ノートのおかげで家事のやり忘れがなくなったり、献立を立てるのがとても楽になりました。

 

ざっくりした予定はマンスリーカレンダーに記入していても、細かい予定や家事を忘れてしまうことがあったので、オリジナルの家事ノートを作ってよかったです!

【家事ノート公開】オリジナルの「家事ノート」で家事を効率的に。家事ノートで毎日の暮らしが楽しくなりました! - ひつじ日和

 

この家事ノートとマンスリーカレンダーがあれば、手帳なしでもOK。「普段、外出して予定を確認する」ということもないので、家で予定を確認できれば問題ないです。

 

予定管理は自由でいい

既製の「手帳」を使おうとすると、すでにできている形に自分が合わせないといけないですよね。運よく購入した手帳と自分のスタイルがぴったりはまれば問題ないですが、そうでないと「理想の手帳探し」にかなりの時間とお金を使ってしまうことになります。

 

自分のライフスタイルや性格を考えたうえで、どんな予定管理方法がピッタリなのか?を考えてからでないと市販の手帳を買うのは無駄になってしまうことが多いです。私も「手帳を使わないと」と思っていたころは、「理想の手帳探し」に時間とお金を使っていましたが、結局「手帳」自体が自分には合わないんだと気づいて、手帳を使うのはやめました。

 

なんとなく、「手帳を使いこなせていると素敵」だなと思うし、みんなが持っているから手帳を使わないとと思いがちですが、手帳を買っても1年使いきれなかったり、少し使ってはまた新しい手帳を購入してしまうような場合は、手帳自体が向いていないのかもしれません。それなら、自分に合った方法を見つけて予定管理をしたほうがいいんじゃないかと思います。

 

私は、手帳ではなく卓上カレンダーと家事ノートで予定管理をするのが今のところベストですが、例えば大きなカレンダーに予定を書き込むだけだったり、スマホのアプリで予定管理をしたりと手帳以外にも予定管理の方法はあります。自分が使いやすい「手帳」を作ってしまうというのもいいですね。

 

既製の「手帳」が使いにくければ、自分で工夫してストレスなく予定管理できるようにいろいろとチャレンジしてみるのがおすすめです。やってみなければ、自分に何があっているのかは分からないので、いろいろな人の手帳術やノート術を参考にして自分だけの予定管理術を見つけてみましょう!

 

■私が「家事ノート」作成で参考にした本。

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

【お金の優先順位】私が、服にお金をかけない理由。 - ひつじ日和

変形自在のオシャレなスポンジラックを購入!備え付けスポンジラックは処分したけど、新しいラックを購入した理由。 - ひつじ日和

【時間の節約】銀行へ行くのは3か月に1回のペース。ネットバンキングも活用して時間を節約。 - ひつじ日和

「家しごとがもっと楽しくなるノート術」の感想。「ゆるりまいさん」のノートの使い方に共感。 - ひつじ日和

【サンキュ!7月号】めんどくさがりの私の心に火をつけた言葉。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ