ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

モノが少ないほうが、掃除も料理も楽になる。

20160125153546

家の中がいらないモノだらけだった私が言えることは、確実に「モノが少ないほうが家事は楽になる」ということです。

 

モノが多い状態というのは、人によって感じ方が違うかもしれませんが、「持っているものを把握できていない」、「探し物ばかりしている」という状態はモノが多い状態といえると思います。

 

モノが多いと、どんどん手持ちの収納に収まらなくなってテーブルの上、カウンターの上、テレビ台の上、ベッドの上などにモノが散乱していきます。私は、大量に服を持っていて、クローゼットにはおさまりきらずに床や机、ベッドに服が散乱していました。

 

スポンサーリンク

 

収納すべきところにモノが収まっていないと、掃除をするときに毎回モノをよける作業が加わって掃除をするのが大変になります。収納家具などが少なすぎるとモノをきちんと収納しておけずに、いろいろな場所に散乱しがちになるので、いらないモノは処分して必要なモノだけ持っている状態になったら、必要なモノはきちんと収納グッズや収納家具にしまったほうがすっきりするし、掃除もしやすくなります。

 

いらないモノが多いうちから収納グッズや収納家具を買うことはオススメしないのですが、必要なモノだけ持つ暮らしになったら、うまく収納グッズを使ったほうが家事が楽になるなと最近は実感してます。

 

モノをきちんと収納すれば掃除のたびにモノを動かす手間がなくなって掃除が楽になるだけでなく、キッチン用品なども少なくした方が料理がはかどるようになります。

キッチン用品が少ないほうが、料理がはかどる。 - ひつじ日和

 

食器、鍋、調理グッズはたくさんあると料理中に取り出すのも大変で、スムーズに料理が進みません。「食器、鍋は必要な数だけ持って、たくさん重ねて収納しない」ようにすれば、料理中に必要な食器や鍋をすぐ取り出せるし、菜箸やフライ返しなども最低限必要な数を取り出しやすいように収納しておけば、さっと取り出せて料理中のストレスを減らすことができます。

 

いらないモノはどんどん処分して、必要なモノだけになったら収納場所を作ってすっきりと収納する。

 

こうすると、毎日の家事のストレスが減って楽になると思います^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

嫌いな食器洗いを楽にしたのは「食洗器」だった。 - ひつじ日和

床掃除を楽にするために購入したモノ。 - ひつじ日和

ないならないで、どうにかなる。なくても意外と困らない。 - ひつじ日和

苦行のように頑張りすぎなくていい。どれだけ効率よく楽しく暮らせるかが重要。 - ひつじ日和

【ダイソー】まな板は100円ショップのモノを使って、汚れたらこまめに買い替える。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ