ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

料理本はレシピを頭に入れたら処分する。作る気が起きない料理本はいらない。

20160322145643

料理のレシピをネットで見ることもありますが、作りたい料理があるときは料理本を購入してレシピを確認することもあります。

 

ただ、料理本のレシピを頭に入れたら、料理本はいつまでも取っておかずにリサイクルショップに売ったり、処分したりします。料理本を見る目的は料理のレシピを知ることであって、ただ本棚に置いておくだけではないからです。

 

なかには、眺めているだけでも楽しい料理本もありますが、頻繁に眺めるわけでもないので、やっぱり処分しちゃいます。

 

料理本を1冊買っても、その中で作りたいレシピって数が限られています。例えば、韓国料理の本を買ったとして、その中で作りたいと思える料理、そうでない料理ってありますよね。料理本を買ったからには、すべての料理を作らないともったいないような気もしてしまいますが、たいてい第一印象で、この料理は作らないだろうなとか、難しいから作れないだろうなと思った料理は、いつまでたっても作る気になれません。

 

なので、作りたい料理のレシピだけ確認して、何度も作っているとそのうちレシピは頭の中に入っていくので、料理本を見なくても作れるようになります。料理本を見なくてもその料理が作れるようになったら料理本の役目は終了なので、処分します。

 

もう作りたい料理のレシピは頭に入っているので料理本はなくても大丈夫。いつまでも取っておいても本棚がギュウギュウになるだけです。

 

スポンサーリンク

 

勢いで買ったはいいけれど、なんだか料理を作る気になれない料理本というものもあります。レシピの字が小さすぎたり、材料が特殊なモノばかりだったり、レシピ自体が分かりにくかったりすると作る気になれないので、残念ですがその料理本は処分します。

 

勢いで料理本を買うときって、料理の写真に惹かれたり、表紙に惹かれて購入してしまうのですが、きちんと中身を見ずに買ってしまうので失敗することが多いです。これまでいろいろな料理本のレシピを頭に入れてきたので、最近は新しい料理本は購入していないのですが、次に料理本を買うときにはきちんと中身を見て、料理を作る気になれるかどうかを確認したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

献立を考えなくていい!オイシックスの「KitOisix、ジューシーそぼろと野菜のビビンバ」を試してみました! - ひつじ日和

キッチン用品が少ないほうが、料理がはかどる。 - ひつじ日和

夕飯のおかずを定番化したら、時間もお金も節約できるようになりました。 - ひつじ日和

【料理をシンプルに】レンジだけで作れる定番のシンプルおかず3品。 - ひつじ日和

調味料の容器を入れ替えない4つの理由。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ