ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

どこから片づける?断捨離すると暮らしが変わる場所ベスト3!

20150810143543

断捨離を始めたいけれど、どこからやればいいか分からない。と悩む方は多いのではないでしょうか?自分が一番気になっている場所、モノが多すぎる場所から始めるのももちろんいいのですが、「この場所から断捨離を始めれば、暮らしの変化を感じることができる」場所があります。

 

今回は、これから断捨離を始める方、断捨離をやっているけれど行き詰っている方に、「まずはここから断捨離を始めてほしい」と思う場所ベスト3をご紹介します!

 

断捨離すると暮らしが変わる場所 No.3 本棚

本棚を持っている人は多いと思います。本棚がなくても、カラーボックスにたくさんの本を詰め込んでいたり、段ボールに本をたくさん収納しているという場合もあるかもしれませんが、これから断捨離を始める方は、まずは「本」を断捨離してみましょう。

 

本は気軽に買えて、知識を得ることができる素晴らしいものです。ですが、本棚にたくさん本を持っていても、すべての本を活用できているわけではないですよね。その本棚にある本で、何度も読み返したい本は何冊ありますか?

 

私としては、見て楽しむ本は除いて、本は知識を得たら役目は終了だと思っています。なので、実用書も、資格取得の本も、料理本も自分の頭の中に入れたら処分します。

 

「いつか勉強しよう」、「いつか読もう」と思っていても、なかなか「いつか」はやってこず、また新しい本を買ってきて読んでいない本がたまるばかりです。私も、本が好きでたくさん集めていましたが、タイトルだけに惹かれて買った本は1度も読まないモノもあったり、資格を取ろうと思って買った本は最初の数ページだけ読んで放置。

 

で、また新しい本が欲しくなって、本棚はたくさんの本であふれかえっていました。でも、断捨離を始めてから、もう2度読まないだろうなという本、1度も読んでいない本はすべて処分して、また読みたい本、何度も読み返したい本だけ残したら、最終的には5冊くらいしか残りませんでした。

 

本の断捨離は、クローゼット、洗面所、キッチンなどの断捨離よりもラクにできるので、断捨離を始めたばかりだったり、断捨離に行き詰っている方にはピッタリの場所です。本棚には、基本的に「本」しかないので、「いる・いらない」を判断するのにそれほど時間がかかりません。

 

本の断捨離をして、残った本を見ると、今の自分に必要な分野、今の自分が興味があることが分かって、自分を知ることにもなります。また、本をたくさん持っていると収納場所も広く必要になるので、いらない本を断捨離してしまえば家が広くなってすっきりします。

 

私は大きな本棚を持っていましたが、たくさんの本を処分して、数冊しか残らなかったので、本棚は処分しました。部屋が広くなるし、自分い必要な本だけが残って、「いるか読まなきゃ」というストレスもなくなって心がすっきりしました。

 

スポンサーリンク

 

断捨離すると暮らしが変わる場所 No.2 キッチン

キッチンにモノがたくさんあると、料理がはかどりません。食器、鍋、包丁など同じ用途のモノがたくさんありすぎると、使うときにも取り出しにくくてストレスがたまるし、「どこにしまったっけ?」と探し物をすることも多くなります。

キッチン用品が少ないほうが、料理がはかどる。 - ひつじ日和

 

私も断捨離前は、狭いキッチンに使い切れないほどのモノがあって、いつもストレスを感じていました。鍋はたくさんあるから重ねて収納していると、下に重ねてしまった鍋を取るときに面倒でストレスだったし、食器もたくさんあって重ねて収納しているから料理が出来上がってもさっと取り出せずにイライラしていました^^;

 

「これいいかも」と思ったキッチングッズは、何も考えずに購入していたので、キッチンには使いこなせないグッズがあふれていて、正直収納しきれていませんでした。そんな状態がイヤで、鍋、食器、キッチングッズは最小限まで減らし、鍋や食器はなるべく重ねないように収納したら、料理をするときに感じていたストレスはなくなっていきました。

 

モノがたくさんありすぎると、どこに何をしまったか分からなくて、必要な時に必要なものが取り出せないことも多かったのですが、「いつも使うものだけ」残したら探し物をする時間も無くなって、料理がはかどるようになりました。

 

料理は毎日のことだから、効率よくこなしたいですよね。私の場合は、キッチンで使うものを減らしたら、料理の効率がよくなって、料理をする時間が楽しくなりました。

 

断捨離すると暮らしが変わる場所 No.1 クローゼット

毎日の服選びで悩んでいたり、着る服がない!と感じていませんか?クローゼットに服がたくさんありすぎると、毎日の服選びで悩む時間は増える一方です。

 

服選びで悩むのは、服の数が多すぎて選びきれないこと、服はたくさん持っていても自分のライフスタイルに合った服をあまり持っていないことが原因です。朝の忙しい時間に、服選びで悩む時間はもったいないですよね。

 

服選びで悩まないためにも、自分のライフスタイルに合った服、自分に似合う服だけ残して、あとは処分してしまいましょう。たくさん服を持っていても、「いつも着る服は同じ」ということも多いはずです。いつも着る服だけに厳選すれば、毎日の服選びで悩むこともなくなり、お気に入りの服だけ残せば毎日気分よく外出ができます。

 

という私も、100着以上の服を持っていて、そのほとんどは着ていない服でした^^;

【服の断捨離】服は少量でいいと気づいた。大量の服を処分した方法を大公開! - ひつじ日和

 

たくさん服を持っているのに、「着る服がない」と本気で思っていたし、毎日の服選びに時間がかかっていました。でも、自分のライフスタイルにあった服、着心地がいいと思える服だけ残して、あとはすべて処分したら、クローゼットもすっきりして持っている服すべてが見渡せるようになりました。

 

服で悩む時間が本当に嫌だったので、断捨離をして服の悩みから解放されたとき、本当にうれしかったことを覚えています。今も服の数は増やさず、少量を着まわすようにしています。自分に似合う服、気に入った服が数着あると、たくさん服を持っていて服選びで悩んでいたころよりも、服への愛着があって大事にしようと思えます。

 

まとめ

断捨離すると暮らしが変わる場所ベスト3はいかがでしたでしょうか?家にモノがたくさんある状態だと、どこからいらないモノを処分していいか迷ってしまいますよね。

 

断捨離をしても「何も変わっていないような気がして、挫折してしまう」ということもあると思いますが、今回ご紹介した場所は、私自身断捨離を進めていて暮らしが変わっていくのを感じた場所です。

 

どこから断捨離を始めていいか分からない方は、ぜひ、本棚、キッチン、クローゼットから始めてみてくださいね^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

【なかなか断捨離が進まない人向け】断捨離に勢いをつける2つの方法。 - ひつじ日和

【断捨離ですっきり暮らす】断捨離をすれば、探し物の時間がゼロになる。 - ひつじ日和

家族のモノは勝手に捨てない。捨てる気になるまで待つ。 - ひつじ日和

不用品をリサイクルショップに売るなら、高く売れるタイミングを逃さない。 - ひつじ日和

断捨離で面倒なのは、処分する作業。私が、大量の家具をまとめて処分した方法。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ