ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

いらないモノを捨てたら人生が変わった!断捨離してから自分に起きた3つの変化。

20151008120710

私は断捨離をする前は、家の中がいらないモノであふれていただけでなく、いつもイライラしがちで、何をするのも面倒だなと思うタイプでした。

 

掃除も嫌いで、掃除機はかろうじて毎日かけていましたが、トイレ掃除は2週間に1回、お風呂掃除は湯船につかるときだけというひどい状態。

 

家がモノでいっぱいだと家に帰ってもリラックスできず、いつもモヤモヤして、何もやる気が起きませんでした。そんなダメダメな私が断捨離をし、いらないモノを少しずつ処分したことで、家がすっきりしただけでなく、自分自身もいい方向に変わっていったのです。

 

今回は、断捨離してから自分に起きた3つの変化をご紹介します!

 

自分に起きた変化①イライラしなくなった

家にいらないモノがたくさんある状態のときは、いつも「捨てなきゃ、片づけなきゃ」という気持ちはありました。でも、なかなか行動に移せなくてモノを捨てられない自分にイライラしていたんだと思います。

 

いらないモノを見るたびに「捨てなきゃ」とは思うけれど、見て見ぬふり。でも、自分が捨てるまではずーっと家の中にいらないモノはあるわけなので、家中にあるいらないものを見るたびにモヤモヤして、イライラしていました。

 

でもあるとき、雑誌で断捨離の特集記事を見つけ、いらないモノを捨てる気持ちに火が付き、取りつかれたようにいらないモノを捨て始めました。やり始めるまでは面倒だなと思っていても、いざ手を動かしていらないモノを捨て始めると意外とどんどん捨てられることに気づき、服、本、キッチン用品などいらないと思ったモノをどんどん処分していきました。

 

家の中にいらないモノが減ってくると、もう「捨てなきゃ」と焦る必要もなくなり、自分自身に対してイライラしなくなりました。むしろ、「捨てられなかった私」が捨てられるようになったことで自信がついて、前向きに暮らせるようになったのです。

 

スポンサーリンク

 

自分に起きた変化②積極的に行動できるようになった

断捨離をする前は、何をやるのも面倒で、だらだらしていることが多かったのですが、「いらないモノを捨てる」という一大イベントをこなしたことで、自分自身に妙な自信がわいてきました。

 

断捨離前はやりたいことはたくさんあっても、行動に移すまでには至らず、「自分は何もできないんだ」なんてふてくされていましたが、いらないモノをどんどん処分したことで、家の中がすっきりしただけでなく、心もすっきりして、自分もやればできるかもしれない!といろいろなことに挑戦したくなったのです。

 

その結果、ストレスでいっぱいだった仕事を辞め、新しい仕事をゲットし、このブログを始めたり、次に書きますが掃除を習慣化したり、やりたいと思ったいたことをどんどん実現できるようになりました。

 

これは、これまでやろうと思っていたけどできなかった「いらないモノを捨てる」ということができるようになったことで、自分に自信がつき、新しいことにチャレンジする行動力が生まれたためだと思います。

 

自分に起きた変化③掃除ができるようになった

記事の最初でも書きましたが、私が掃除が嫌いでした。もちろん、掃除をしたほうが気持ちいいし、衛生面を考えればマメにやったほうがいいということは頭では分かっていても、どうしても体が動かない・・・という感じでした。

 

でも、断捨離がうまくいきだして、行動力がついてからは今まで嫌いだった掃除を毎日の習慣にしたい!という欲が出てきて、「掃除の習慣化」にチャレンジすることにしました。それが2年くらい前のことです。

【掃除を習慣化する】掃除嫌いの私が1ヶ月で掃除を習慣化した方法。 - ひつじ日和

 

掃除嫌いな私が、いきなり毎日マメに掃除できるわけもなく、最初は嫌々ながらも床拭きを頑張っていました。嫌々ながら2週間毎日続けていると、意外と掃除で体を動かすのが楽しくなり、他の場所も掃除する気力がわいてきました。

 

最初は嫌々ながら初めた掃除の習慣化も、1か月くらいたってくると、「掃除やりたくない」と思う前に、体が動くようになるので、無理なく毎日の習慣として定着しました。

 

掃除嫌いでも、毎日の歯磨きのように習慣にしてしまえば、意外とストレスなく掃除ができるようになるのは新たな発見でした。

 

まとめ

断捨離を始めてから、暮らしが楽しくなり、新しいことにもどんどんチャレンジできるようになりました。何をするのも面倒に感じていた私が、ここまで変われたのは断捨離をして、行動力が付いたおかげです。

 

私にとっては、「断捨離」が行動力を高めるきっかけになりました。「いらないものを捨てる」と家の中がどんどんすっきりしていくので、頑張った結果が目に見えるのがいいのだと思います。どんなに頑張っても、その頑張りが目に見えにくいものだと頑張りがいないですよね・・・。

 

何をするのも面倒、人生を変えたいと思っている方には、いらないモノを捨てたり、掃除を習慣化して家をすっきりさせてみるのがおすすめです。毎日暮らす家の中がすっきりすると、心も体もすっきりして、どんどん新しいことにチャレンジしたくなるかもしれません^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

断捨離すると時間に余裕ができる3つの理由。 - ひつじ日和

【失敗を恐れず行動する】断捨離は失敗してうまくなる。 - ひつじ日和

【服の断捨離】これまでの断捨離で捨ててよかったモノNO.1。 - ひつじ日和

【断捨離のコツはゴミの日を忘れないこと】月に1回の不燃ごみに出すモノをすべて集めました! - ひつじ日和

【断捨離で人生を変える】断捨離の2つのメリット。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ