ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。

お金を貯めたいなら、いらないモノを捨てたほうがいい3つの理由。

20150602150505

「お金を貯めたい」、「お金を貯めたいけど、なかなかたまらない」と思っているのであれば、まずは家の中にあるいらないモノを捨てるのがおすすめです。

 

いらないモノを捨てると、

 

・無駄な買い物をしなくなる

・自分にとって使わなくなるものが把握できる

・家がすっきりすると余計なものを買いたくなくなる

 

結果として、それまでいらないモノに使っていたお金を使わなくなるので、お金が貯まりやすくなるという仕組みです。ただ、いらないモノを捨てた後もどんどんモノを増やしている場合は、お金は増えずに、またモノばかり増えてしまうので、「いらないモノを捨てる」という作業を通して、自分にとって必要なもの、必要でないモノを見極める訓練をしましょう。

 

無駄な買い物をしなくなる

家にため込んだいらないモノを捨てると、これまで自分がどれだけいらないモノにお金を使っていたかを知ることになります。いらないモノをどんどん買ってしまっていた現実と向き合うことはつらいですが、ゴミ袋いっぱいのいらないモノを捨てることで、「今度からは無駄なものは買わないようにしよう」と考えるようになります。

 

買い物をするときも「なんとなく」や「安いから」という理由だけで買い物をしなくなるので、家の中には無駄なものは増えず、お金もたまりやすくなっていきます。

 

スポンサーリンク

 

自分にとって使わなくなるものが把握できる

いらないモノを捨てるということは、自分にとって使わなくなるものが把握できるということです。「使わないモノ=いらないモノ」なので、次からの買い物で自分が使わないモノを買わなくなります。

 

使わないモノを買わなくなれば、お金を無駄にしなくなって貯まりやすくなるのです。初めて何かを買うときは失敗することもありますが、失敗してしまっても次からは同じものを買わないようにすればいいだけです。いらないモノを捨てる作業で、買い物の失敗を反省することで、買い物するときに「いらないモノを買わないように」意識することができます。

 

家がすっきりすると余計なものを買いたくなくなる

家の中のいらないモノをどんどん捨てて、家の中がすっきりしてくると余計なものを買いたくなくなっていきます。いらないモノがたくさんあってごちゃごちゃいしてる部屋よりも、必要なモノだけがそろっていてすっきりした部屋のほうが居心地もいいので、できるだけモノは増やしたくないという思いが高まって、何かを買うときにも慎重になって、本当に自分にとって必要なもの、気に入ったモノだけを買うようになるので、無駄な買い物が減ります。

 

それまで衝動買いしていたり、よく考えず買い物して、いらないモノを増やしてしまっていた場合は、衝動買いも、なんとなく買い物することもぐっと減るので、無駄なお金を使わなくなって、お金は貯まりやすくなります。

 

まとめ

お金を貯めたい!と思ってもなかなか貯まらないのは、自分にとって必要のないものにお金を使ってしまっていることが原因かもしれません。いらないモノを捨てることで、自分にとって必要なモノがどんなものかが分かってくるので、余計なものにお金を使わなくなって、結果としてお金が貯まりやすくなるのです。

 

お金を貯めたい!と思ったら、まずは家の中になるいらないモノを捨てて、余計なものにお金を使っていなかったか?を反省し、次の買い物ではいらないモノを買ってしまわないようにしましょう^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

ストレスをためるほど、お金は減っていく。 - ひつじ日和

お金の不安を減らすために、月に1回やっていること。 - ひつじ日和

ストレス発散のためにお金を使いすぎないコツ。 - ひつじ日和

断捨離のリバウンドをしないコツ。 - ひつじ日和

お金の優先順位を決めればお金は貯まりだす。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ