ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

モノを処分することに夢中になりすぎるのは危険。

20150602150505

家の中でいらないモノであふれているとき、どんどんいらないモノを処分することはオススメです。

 

ですが、「いらないモノを処分する」という状態から「とにかく物を処分したい」という状態になってしまっているときは注意が必要です。というのも、実際に私も「らいないモノを処分する」という段階が終わったときに、断捨離で残ったモノもなんだかいらないモノのような気がして、「とにかく物を処分したい!」というスイッチが入っていたことがあります。

 

こういう状態になると、年に数回しか出番のないもの、使っているけど気に入らないモノなどもすべて自分の中で「いらないモノ」として判別してしまって、どんどん処分してしまいます。おそらく、どんどんモノを処分するという状態が楽しくなってしまっているだけで、冷静さがなくなっていたんですよね。

 

スポンサーリンク

 

冷静さがなくなると、本当は必要なモノも処分してしまったりして、後で後悔したり、同じものを購入することになったりして無駄になってしまいます。いらないモノを処分しきった後に何かを処分するときには、本当に要らないのか?なくなってまた買うことにならないのか?を確認して、一旦冷静になることが必要かもしれません。

 

今思えば、年に数回しか使わないモノでも使ってはいるんだから処分しなくてもよかったし、使っているのに気に入らないという理由だけで処分してしまったのは、ただ単にモノを大切に扱っていなかっただけでもったいなかったなと反省しています。

 

本当に要らないモノを処分した後なら、年に数回しか出番のないものでも収納するスペースはあるし、とっておいてもよかったかなと。もちろん、レンタルできるようなものであればレンタルするという方法もありますが、家に収納スペースがあるなら、無理に処分しなくても取っておくのでもよかったんじゃないかなと思う今日この頃・・・。

 

家の中をすっきりさせたいからといって、何でもかんでも処分するのはちょっと違うなと最近は思っていて、まだまだ使えるのに気に入らないからと言って処分してすぐに買い替えるというのも自分のライフスタイルには合わないなということも最近は分かってきたので、よっぽど家の中の収納がギュウギュウにならない限りは年に数回しか出番がないものも取っておくし、気に入らないというだけの理由でモノを処分せず、使っているなら壊れるまで使おうという考えになってきました。

 

いらないモノ、使っていないモノを処分してすっきりさせるのはオススメですが、捨てること自体が目的になってしまって、本当は必要なものまで処分するようになってしまうのは危険だなと、ふと昔の自分を思い出しました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

キッチン用品が少ないほうが、料理がはかどる。 - ひつじ日和

ストレス発散のためにお金を使いすぎないコツ。 - ひつじ日和

自分にとってストレスを感じない「モノ」の基準。 - ひつじ日和

断捨離すると時間に余裕ができる3つの理由。 - ひつじ日和

【スキンケア経過報告】化粧水、乳液なしのスキンケアで肌は潤うのか? - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ