ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

必要だから買う?お得だから買う?

20150827131216

「お得だから買っちゃった」という経験をがある人は多いと思います。私も昔は「お得=買わなきゃ」と思っていたので、少しでもお得な商品があるとよく考えもせずすぐに購入していました。

 

でも、「お得」だからといって、必ずしも「必要」なわけではないんですよね^^;

 

本当に必要だと思っていたもの、ちょうど買おうと思っていたものが「お得」になっていれば何の問題もないのですが、たまたまお店に行ったときに「お得」なものを見つけて、そのお得なものが急に必要だったもののように思えてしまう場合は、「お得」のワナにはまっています。

 

スポンサーリンク

 

この「お得」のワナ、私はすっかりはまっていました。

昔住んでいた地域に激安の衣料品店があって、靴下1足50円とか、有名カジュアルブランドの服が定価の10分の1で売られていたりと、まさに「お得」がいっぱいの場所でした。

 

「お得」に変えるというワクワク感と、激安で服を買える楽しさで、毎週のように通っては服を買い買いあさっていました。ちょっとでも気になる服があれば「お得だからいいよね」とどんどん買っていて、気づけば家のクローゼットにはおさまりきらないほどの服を買い込んでいました。

 

途中からは「激安の服を買う」ということが楽しくなっていただけで、買ってから1度も着ない服もたくさん^^;

 

結局「お得だから」と思って買った服は、後で冷静に考えてみるとデザインが好みじゃなかったり、サイズがイマイチだったりして、服の断捨離をしたときにそのほとんどを処分しました。「お得だから」という理由だけで買ったモノは、私の場合ほぼいらないモノになって今はほとんど処分したので残っていません。

 

洗剤やペーパー類などの日用品なら「お得だから」という理由で買うのはいいかもしれませんが、それも量次第ですね。「お得」になっているたびに洗剤やペーパー類を買いだめしていたら家の中が日用品のストックだらけになってしまいます。

 

「お得」だとしても、自分で決めたストック以上は日用品でも買いだめしないと決めないと、家の中がすっきりしなくなってしまうので、私は日用品のストックは1つ持つと決めています。

【ストック見直し】「なくなったら買う」から「ストックを1つ持つ」暮らしに変更。 - ひつじ日和

 

「お得」な商品が暮らしに必要なモノならいいけど、「お得だから」という理由だけでどんどんモノを買ってしまうのは、家にモノが増える原因となるし、お金も無駄に使ってしまうので危険です。

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

服選びで悩む時間をゼロにするコツ。 - ひつじ日和

「代用する」という発想で、モノが増えなくなる。 - ひつじ日和

【お金とうまく付き合うコツ】「必要なモノ」と「欲しいモノ」の違い。 - ひつじ日和

掃除の習慣化に必要な2つのこと。 - ひつじ日和

収納BOXを買うのは、モノを減らし切った後がいい理由。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ