読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

最近お金を使わなくなった私が考える、お金を貯める方法。

20160125153546

最近欲しいと思えるものがありません。「お金は使うほど入ってくる」という言うような言葉を聞きますが、それは自分にとっていい経験になることに使う場合のみ意味があるのであって、ただなんとなく浪費した場合にはあまり意味がないと思います。

 

「なんとなく買い物をする」ことにも意味があるときもあるけど、もう30歳を超えて、いろいろ買い物をしてきた今は、なんとなく買い物をすることが自分にとって意味がないということを身をもって知ってしまっているのです^^;

 

ということで、自分にとって今はあまりお金を使わない時期なのかもしれません。去年の11月に戸建てに引っ越したときにある程度まとまったお金を使ったので、今は貯める方向にシフトしていきたいんだと思います。

 

スポンサーリンク

 

昔は節約節約と、できるだけ安いものを買ったり、安いスーパーに行ったりしていましたが、そういう努力は続かないのでやめました。それよりも、普段の買い物は「必要なモノ」だけ買って、お金を使わないことで、自然とお金が貯まることを実感しています。

【お金とうまく付き合うコツ】「使わなければお金は貯まる」を実感中。 - ひつじ日和

【お金とうまく付き合うコツ】「必要なモノ」と「欲しいモノ」の違い。 - ひつじ日和

 

どこかに行ったときに、何かを買うことが癖になっていると、特に必要でなくても、ついつい買うことが習慣になってしまうものです。コンビニに行ったらつい雑誌を買ってしまう、ショッピングセンターに行ったら服を買ってしまうといったことは、「いつもの習慣」としてついつい行動してしまうのです。

 

なので、「買わないこと」を習慣にすれば、余計なお金を使わなくなって、自然にお金が貯まっていきます。いつもなんとなく買っていたものを買わなくなるだけでも、結構お金が貯まりだすはずです。

 

「あるモノで暮らす」ことを意識することでも、お金を使わなくなります。今使っているものが壊れるまでは、使えるはずですが、テレビや雑誌でおしゃれなインテリアやキッチン用品が紹介されていると、まだまだ使えるのに買い替えたくなってしまうことも多いかもしれません。

 

そういうことを続けていると、流行が変わるたびにいろいろと買い替えたくなってしまうので、お金をどんどん使うことが習慣になってしまいます。

 

「あるモノで暮らすことを意識して、壊れるまで使う。壊れたら好みのものに買い替える。」という暮らしにすれば、余計なお金は使わなくなります。

 

お金は使うためにあるモノですが、「いざ」というときに「お金がない!」という状況にはなりたくないので、お金が自然に貯まりやすい暮らしに変えていくことで、ストレスなくお金をためていきたいと思います^^

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

お金の優先順位を決めればお金は貯まりだす。 - ひつじ日和

【ダイソー・セリア】100円ショップでリピート買いの消耗品3選。 - ひつじ日和

毎日掃除する場所、毎日掃除しない場所。 - ひつじ日和

片付けや収納に正解はない。自分が「すっきり」と感じればそれがピッタリの方法。 - ひつじ日和

【私の服の選び方】リーズブルな服を長く大切に着ます。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ