ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

私が「歯医者さんで褒められる歯」になった理由。

20160121144821

私は、半年に1回は歯科検診に行くようにしています。きかっかけは、自覚のないまま親知らず2本がひどい虫歯になっていて、それを抜歯したことです。

 

親知らず2本を抜歯したことで、もっと自分の歯に関心を持って、歯を大切にしたいと思ったのでした。もともと歯医者さんが苦手で、歯科検診なんて行っていませんでした。だから、気づかぬうちに親知らずが大変なことになっていたんでしょうね・・・。

 

実は前回の歯科検診で、歯科衛生士さんに歯がきれいになったと褒められました。これが、かなりうれしくて、ようやく歯がきれいになるメンテナンス方法をマスターできたなと思った瞬間でもありました。

 

自宅でのデンタルケアで歯はきれいになる

私は昔から虫歯になりやすく、歯に着色汚れが付きやすかったので、そういう性質の歯だと思っていたんですが、最近きちんと自分の歯を向き合うようになってからそれは間違った考えだったことに気づきました。

 

虫歯になりやすかったり、歯に着色汚れが付きやすかったのは、ただ単に自分の歯磨き方法が悪かったからでした。

 

今通っている歯医者さんで、歯磨き後にデンタルフロスで歯と歯の間の汚れを取るように指導されてから、毎日のデンタルフロスが習慣になりました。最初はかなり面倒で、歯茎を傷つけて血が出たり、うまく汚れがとれなかったりしていたのが、3か月くらい続けていたら、きれいに汚れがとれるようになって、自分で見ても歯がきれいになっていることに驚きました。

デンタルフロスの習慣6か月目。歯ブラシだけでは汚れは取りきれないので、フロスを使おう。 - ひつじ日和

 

歯磨きだけでは歯と歯の間の汚れは取り切れないそうなので、歯磨き後のデンタルフロスはやったほうがいいと思います。デンタルフロスの習慣は日本ではあまり浸透していませんが、年をとっても自分の歯で食事をとりたいから、私は毎日必死です(笑)。

 

歯磨きに加えて、デンタルフロスを習慣にしてから、1年以上たちますがそういえば虫歯に1度もなっていません。やっぱり、汚れがきちんと取れていなかったんですね^^;

 

スポンサーリンク

 

着色汚れは自宅でケアできる

我が家では歯ブラシは電動歯ブラシを使っています。自分の手で磨くよりも、歯茎を圧迫せず、きれいに汚れを取ることができるのでお気に入りです。

 

虫歯と同じく、歯の着色汚れも長年の悩みだったのですが、最近自宅でも着色汚れがケアできることが分かりました。しかもその方法がとても簡単で、いつも使っている電動歯ブラシのヘッド(ブラシ部分)を着色汚れ除去用に変えただけです。ブラシを買えただけで、着色汚れがほぼゼロになりました。これは夫婦で感動しましたね。

 

それについては、こちらの記事で詳しく書いています。

歯の清潔感は大事。長年の悩みだった「着色汚れ」がなくなった簡単な方法。 - ひつじ日和

 

電動歯ブラシのヘッドブラシ部分を買えただけで、歯が歯医者さんでクリーニングしてもらった後のように毎日きれいで気分がかなりいいです。歯がきれいかどうかでモチベーションも違ってきますよね。

 

まとめ

私が歯医者さんで褒められる歯になった理由。それは、デンタルフロスを習慣にしたこと、着色汚れ除去用のブラシに変えたことの2つでした。

 

自分では虫歯になりやすい歯、着色汚れがつきやすい歯だと思い込んでいましたが、自分のケア方法が悪かっただけで、きちんとケアすれば、きれいな歯をキープできるんだなと実感しています^^

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

【断捨離で人生が変わる】断捨離は慣れればうまくなる。失敗なくして成功なし。 - ひつじ日和

【少ないモノで暮らす】モノを減らすのは、ストレスを減らすため。 - ひつじ日和

人はメリットのあることしか続かない。私が習慣化できたこと&習慣化するためのステップ - ひつじ日和

洗濯洗剤はシンプルに1種類だけ。柔軟剤は使いません。 - ひつじ日和

洗濯物を部屋干しするなら、室内用物干し金具をつけたほうが絶対にいい!室内用物干し金具「ホスクリーン」のススメ。 - ひつじ日和

 

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ