読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

モノへのこだわりが強くなりすぎて、欲しいと思えるものがなくなったという現実。

20150810143543

私の趣味の1つが、月に1回か、2か月に1回100円ショップに行って「リーズナブルでいいモノ」を探すことなんですが、今日久しぶりに100円ショップにいいモノ探しに行ったら、全然ワクワクしなくて、何もほしいと思えなかった自分に驚いています。

 

100円ショップに行った後も、本屋さん、服屋さん、インテリアショップなどを見て回りましたが、全くほしいと思えるものがないという状況^^;

 

帰りの電車に乗りながら、「私の物欲はどうしちゃったんだろう。物欲なくなったんだろうか・・・。」と思っていたのですが、ついさっき「いや、違う!」と気づいたんです。

 

スポンサーリンク

 

物欲がなくなったんじゃなくて、モノへのこだわりが強くなりすぎて、自分の理想のモノに出会えなかっただけだったようです。私・・・。

 

いらないモノを増やしたくないし、散々これまで買い物で失敗をしてきたら、自分がモノに求める条件や自分の買い物に対する基準は結構しっかりと出来上がっています。

 

特に、最近はその傾向が強くて、服を買うならこういう服を買う、それ以外は買わない。収納グッズを買うならこういうものを買う、それ以外は買わない。という感じになっているので、自分の理想と違うものを見ても、まったくもってほしいと思えないし、たぶん妥協して買っても使わなくなって処分してしまうだけになると思うんですよね。

 

買い物に妥協しないということは、いらないモノが家に増えなくなるのでとてもいいことなんですが、自分が理想とするモノが売っていないと、何も買えない状況になります。

 

それならそれで買わなければいいだけなんですけどね。自分の買い物の基準にピッタリくるモノに出会うまでは買わないようにすれば、お金も無駄に使わなくていいのかもしれません。

 

ただ、必要なものがいつまでも買えないままだと、困っちゃいますよね。自分の理想ピッタリのモノってそうそう出会えないし、自分で作るしかないのかも?と思うけれど、簡単にモノは作れないから困りものです。

 

消耗品は使い切って処分できるからある程度妥協して買うけど、長く使うようなものは、できれば気に入ったモノしか買いたくないんですよね。でも、どうしても必要になったらやはり何かしらを妥協して買うしかないんだろうなと思っています。

 

今一番悩んでいるのが靴!今スニーカー1足しかないから、ブーツを買いに行ったけれど、惹かれるブーツが1つもなかったんです。このままだと、ずーっとスニーカー1足で過ごしそうな勢いですが、同じスニーカーを毎日履いているのもどうなの?という感じなので、同じスニーカーの同じ色をもう1足買うか、同じスニーカーの色違いを買うかをかなり悩んでいます^^;

 

自分の気に入ったモノがそろっているときはいいんですが、一度どれかが壊れて、同じものが調達できなくなると大変です。冬春用のワンピースも2着しかないから、そのうち壊れて、ワンピースのことで悩んでいる自分が簡単に想像できます(笑)。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

昔は使っていたけど今は使っていないモノは、断捨離対象。 - ひつじ日和

こまめに掃除をするために、掃除が楽になる道具を活用しています。 - ひつじ日和

1足しかないブーツが壊れました。次の冬はブーツを2足にしようと思います。 - ひつじ日和

【お金とうまく付き合う】家計簿が続かない私のお金の管理方法。 - ひつじ日和

【ストック見直し】「なくなったら買う」から「ストックを1つ持つ」暮らしに変更。 - ひつじ日和

  

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ