ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

大きい家具の捨て方。大きな家具を捨ててすっきりした家にしよう!

20161128093809大きな家具を捨てよう!と思っても、どうやって捨てたらいいか分からなかったり、捨て方が分かっていても1人ではなかなか捨てられない!と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

私も大きな家具の処分方法にはいつも悩んでいました。本棚、テレビ台、ソファ、シングルベッドなどを捨ててきましたが、これらの大きな家具は捨てたいと思っても簡単に捨てることはできません。小さいものの断捨離はできたけれど、大きな家具の断捨離で悩んでいるという方のために、大きな家具の処分方法をご紹介します。

 

粗大ごみに出す方法

粗大ごみに出す場合は、住んでいる自治体の粗大ごみの出し方に沿って回収してもらいます。私がこれまで経験したのは、粗大ごみ回収の申し込みを電話やネットでしてから、指定料金の粗大ごみシールをコンビニなどで購入し、捨てる家具にシールを貼り、指定の回収日に屋外に運び出す方法です。

 

スポンサーリンク

 

自治体によっては粗大ごみを出す方法が違うと思うのですが、なんにせよ、大きな粗大ごみとして出す場合には1人では無理だと思います。大きな本棚、ソファ、シングルベッドなどの大きな家具はまず一人では動かすことが出ないので、外に運び出すことができません。「1人で外に運び出せない場合は、ご相談ください」と記載している自治体もあるので、おそらく追加料金がかかるかと思いますが、相談してみるのもいいと思います。

 

我が家でテレビ台を屋外に出す時の体験談はこちら。

やはり粗大ごみを捨てるのは大変。狭い階段のある家から大きなテレビ台を処分した方法。 - ひつじ日和

 

不用品買取業者にお願いする

不用品買取業者にお願いして、大きな家具を引き取ってもらう方法もあります。私は大学生の時に「不用品買取」をお願いして、大量の大きな家具を買い取ってもらったことがあります。捨てようと思っている家具が壊れていなければ、買い取ってもらえる可能性があります。

 

ただ、こういった業者の中には悪質な業者もいるようなので要注意です。ホームページがしっかりしているか?電話で問い合わせた時に対応がしっかりしてるか?などしっかりと見極める必要があります。

 

もしきちんと買い取ってもらえれば、運び出しもやってもらえるし、ちょっとしたお金にもなるので、粗大ごみに出すよりはお得かもしれません。不用品買取業者にお願いする場合は、くれぐれも業者選びにはご注意ください。

 

買い替えるなら、家具を買ったお店で引き取ってもらう

もし、大きな家具を処分するだけでなく、買い替えるのであれば、新しい家具を買ったお店で、古い家具を引き取ってもらう方法もあります。

 

ニトリでは、有料で引き取りサービスを行っています。

有料にて承りできます。ご購入時に店舗スタッフにお伝えください。
ご購入頂いた家具(組立家具は除く)と引取処分する家具が同数量または同容量までであれば1注文につき3000円(税別)で引取処分可能です。(一部地域を除く)
※引取処分がある場合にはお届け時間の指定ができなくなります。

参照:FAQ-サービスについて

 

他の家具屋さんでも同じようなサービスを行っているかもしれないので、もし買い替えをするなら、新し家具を買うお店で聞いてみるのがいいですね。有料ですが、粗大ごみに捨てるのが難しい場合や、不用品買取業者にお願いするのも難しい場合は、こういった引き取りサービスが便利です。

 

大きな家具の捨て方まとめ

・住んでいる自治体の粗大ごみに出す

・不用品買取業者を利用する

・家具を買い替えるなら、新しい家具を買ったお店で有料で引き取ってもらう

大きな家具を捨てるのがとても大変です。無理のない方法で大きな家具を処分して、すっきりした家にしましょう!

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

【断捨離で人生が変わる】断捨離は慣れればうまくなる。失敗なくして成功なし。 - ひつじ日和

【断捨離】断捨離でさんざん失敗したから分かることがある。 - ひつじ日和

服を増やしたくないなら、服を買う場所は重要。押しに弱い人は買い物する場所を選ぶべし。 - ひつじ日和

【外出時の持ち物】バッグの中身は、お財布とガラケーとハンカチだけ。 - ひつじ日和

【服を増やさないコツ】着心地の悪い服は、1回しか着ていなくてもすぐ処分する。 - ひつじ日和

 

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ