ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

【手入れが楽な服だけ買う】ニットは毛玉ができやすいから買わない。

20150812142607

少ない服で暮らすと、気になるのが「洗濯しやすいかどうか」。洗濯がしにくい服は、洗濯を後回しにしがちになり、洗濯を後回しにすると着る服がなくなるというループに陥ってしまいます。

 

私にとって洗濯が面倒な服は、ダントツで「ニット」!

ニットといえば、1年中売られているし、特に秋冬には欠かせないアイテムです。でも、少ない服で暮らしていると、毛玉のできやすいニットはとにかく洗濯が面倒。うまく洗濯できたように見えても、しっかりと毛玉ができているのを見たら、もうニットいや!と思ってしまったのです。

 

値段が高いニットでも、ニットはニット。毛玉ができます。毛玉ができると毛玉処理に時間を取れ、洗濯するときには気を使って洗濯ネットに入れて、他の服とは別洗い。でも、毛玉はできる・・・。ニットの毛玉は洗濯の時だけにできるのではなく、衣類と衣類の摩擦でもできるので、着ている最中から毛玉は発生します。特に空気の乾燥している冬は摩擦が起きやすいから、毛玉もできやすいのです。

 

スポンサーリンク

 

これだけ、ニットが嫌!と言っていますが、本当はニット好きなんです。ニットを着ていると、「あー冬が来た」という感じがするし、実際暖かいし好きなんです。でも、毛玉の悩みとニットを好きな気持ちを天秤にかけたら、圧倒的に毛玉の悩みのほうが勝ってしまうんですよね^^;

 

ということで、ニットは買いません。ニットの毛玉が許せる広い心が持てるようになったらニットを買う日が来るかもしれませんが、そんな日は来るのだろうか・・・。夫が言うには、男性はニットワンピースに弱いらしいので、結婚前の女性ならニットワンピを武器にするのはありだと思います(もちろん男性全員がニットワンピに弱いわけではないですが)。でも、毛玉ができやすいのでメンテナンスには注意です。

 

今年の冬は季節感の全くない、デニムワンピースを愛用中です。冬だからって冬っぽい服をそろえると服がどんどん増えます。

2016-2017冬のファッションは、GUのワンピース2着、アウター1着で完了! - ひつじ日和

私は毎日の服選びで悩む時間をゼロにしたくて、最小限の服だけで暮らしています。最小限の服で暮らすためには、毎日洗濯しやすい素材、クリーニングに出さなくていい素材、毛玉ができにくい素材であることが重要です。今のところ、デニムワンピースは毛玉ができていないし、ガシガシ洗濯ができるので、とってもらくちんです。

 

少ない服で暮らしたい方は、洗濯がしやすい服を選ぶのがポイントですよ^^

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

【いらない服を増やさないコツ】お金がムダにならない、服の選び方・買い方。 - ひつじ日和

住む場所で着る服も変わる。所属する場所で着る服が変わる。 - ひつじ日和

【服を増やさないコツ】着心地の悪い服は、1回しか着ていなくてもすぐ処分する。 - ひつじ日和

【服選び】アウターの色はネイビーで統一。ネイビーはオシャレ度を上げてくれる便利な色。 - ひつじ日和

セリアのサンダルが便利。ゴミ捨て、玄関そうじ、ベランダサンダルとして大活躍中! - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ