ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

モノを増やさないための2つのコツ。気が付くと家の中がモノでいっぱいという方のための処方箋。

20151008120716

モノって、気づかないうちにどんどん増えてしまいますよね。

なんとなーくモノを買ったり、モノをもらったりしていると、気づいたころにはクローゼットや引き出しがいっぱいで、片付けるのも面倒、掃除も面倒、捨てるのも面倒という状態になってしまいます。

 

モノが増えるのは、自分が買っている(または、もらっている)から。

理由はとても簡単なんですが、モノを買うということは楽しくても、モノを片づけたり、捨てたりするのは結構大変です。

 

でも、モノを買ったり、もらったりして家に入れるのなら、同じくらいの量を処分しないと、どんどん家にモノが増えてしまいます。モノを買って、そのままにしておくとどんどんモノが増えてしまうから、モノを増やさないですっきりと暮らすためには、モノの量を管理する必要があります。

 

今回は、モノを増やさないコツをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

1. モノを持つ量を決める

例えば、服は、3段のプラスチックケースに収納できるだけにして、底に収納できなくなってきたら、収納できる量まで減らして、いらない服を処分したり。食材のストックは、「ここの引き出しに入るだけ」など決めておけば、あふれるほどモノが増えてしまうことは防止できます。

 

私は服は少量を着まわす習慣ができたので定期的に持っている服を見直すことはなくなりましたが、食材は増えがちなので、「ここの棚に収納できるだけ持つ」と決めています。増えてきたら無駄にならないように、食材ストックでなるべく料理をして、ストックがどんどん増えてしまうことがないように気を付けています。

 

2. できるだけモノを買わない

モノを買うからものが増えるわけなので、根本的にモノを増やさないためには、「モノをできるだけ買わない」ようにすれば、家の中に物は増えません。

 

私は1度、大規模な断捨離を行ってから、自分に必要なもの、必要なじゃいものがはっきりとしてきたので、物欲がかなり減りました。断捨離で残ったモノを大切に使って、壊れたら買い替えるというサイクルにしているので、モノが壊れるまでは基本的にモノは買わないので、ほとんどモノが増えない状態になりました。

 

たくさん持っているのに服をたくさん買ってしまったり、化粧品をたくさん買ってしまう人は、ストレスを解消するために買ってしまっているのかもしれません。

クローゼットからあふれ出すほど服を持っていた私が、服を減らした方法。 - ひつじ日和

 

私もストレスがすごくたまっていたころに、服を買うことでストレスを解消していたことがあったので、気持ちはわかります。こういう場合は、ストレスを解消しない限りなかなかやめることができないと思うので、まずは自分のストレスと向き合うことをおすすめします。

 

ストレス解消のために、「何か買いたい!」というときは、美容パックやおいしいスイーツ、ちょっといい調味料など、使ったら消えるもの&自分のためになるモノを買うのがいいと思いますよ^^

 

モノを増やさないコツまとめ

モノを増やさないためには、

・持つ量を決める

・できるだけモノを買わない

この2つを意識すると、家の中がものでいっぱいという状態にはならなくなるはずです。ストレス解消のためにモノを買ってしまう場合は、まずは自分のストレスと向き合いましょう。

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

【断捨離】断捨離でさんざん失敗したから分かることがある。 - ひつじ日和

人はメリットのあることしか続かない。私が習慣化できたこと&習慣化するためのステップ - ひつじ日和

【服を増やさないコツ】着心地の悪い服は、1回しか着ていなくてもすぐ処分する。 - ひつじ日和

片付けや断捨離は体力が必要。「いつかやろう」ではなく、「今やろう!」 - ひつじ日和

お財布は15年以上同じものを使っています。お財布が壊れない使い方。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ