読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

【モノを増やさないコツ】プラスチック収納を買うのは、ものを減らした後。

20150518114744

プラスチック収納って便利ですよね。

100円ショップに行くと、いろんな種類が売られています。

プラスチック収納はうまく使えばすごく便利なアイテムですが、「たくさんあるモノを整理するため」にプラスチック収納を買うのは危険です。

 

たくさんのモノを収納したくて、たくさんのプラスチック収納を買う前に、まずはモノを見直すほうが、片付きます。

 

プラスチック収納を買うとモノが増える

私は小物整理にも、本の整理にも、とにかくプラスチック収納を使うのが好きでした。モノがたくさんあっても、プラスチック収納があればきれいに片付くと信じていましたが、結果、モノはどんどん増えるばかりで全然片付きません。

 

「そこに収納する場所がある」というだけで、モノは増えてしまうんです。モノが増えても、「そこに収納すればいい」と、おそらく無意識に考えてしまうんだと思います。

 

 モノを片づけたくてプラスチック収納を買ったのに、収納する場所がたくさんできたから、どんどんモノが増えてしまい、収拾がつかなくなりました。プラスチック収納にどんどんモノを入れて、そのまま放置していたので、底になるがあるか分からず、「持っているのに、見つからないから、また同じものを買ってしまう・・・」なんてことを繰り返していました。無駄ですね。

 

モノを収納する分のプラスチック収納を買う前にものを減らす

プラスチック収納が悪いわけではありません。使いこなせていなかった私が悪いのです。モノが増えるたびにプラスチック収納を買っていたら、モノは増えるばかりなので、一度、持っているものを見直して、いらないものは処分しました。

 

すると、プラスチック収納が余って仕方ないという状況に^^;結局持っていたプラスチック収納の9割は処分しました。「いつか使うかも」と持ち続けていると、またモノを増やしてしまいそうだったので、一気に処分しました。

プラスチック収納グッズは9割捨てました!収納グッズを買うと、ものが増えて片付きません! - ひつじ日和

 

現在も、ほとんどプラスチック収納は増えていませんが、引っ越ししてからクローゼットなどの備え付けの収納がなくなってしまったので、プラスチック収納がちょっとだけ増えました。でも、できるだけ増えないように気を付けています。

 

プラスチック収納を買うのは、モノを減らし切ってから

いくらモノが少なくなっても、ただ雑然とおいているだけではすっきりして見えませんよね。鍋が1つしかないとか、買い置きはゼロとかなら、プラスチック収納すらいらないとは思いますが、私は暮らしを便利にするためにある程度のモノは必要だと思っているので、いらないモノはすべて処分して、その後、残ったモノを整理するためにプラスチック収納を活用しています。

収納グッズは最小限に。物は「見える化」すると増えにくくなる。 - ひつじ日和

 

 

実は、今もプラスチック収納の誘惑と戦ってます(笑)

靴下やスリッパなどの消耗品を買うために100円ショップに行くことがあるのですが、セリアとかダイソーとかに行くと、ついつい収納グッズを見てしまうんですよね。見なきゃいいのに、わざわざ見に行ってしまうんです(笑)。

 

家の収納がもっと良くならないかなーと、いつも考えているのですが、100円ショップの収納コーナーを見て、イメージを膨らませています。で、もし「いいな」と思ったプラスチック収納に出会ってもすぐには買いません。一度家に帰って、「もし、買った場合」をシュミレーションして、自分が使っていることがイメージできたら買うこともあります。

 

いくら100円といっても、買った後に愛着が持てないようなものは処分することになるので、買いません。100円であっても妥協すると、ゴミになってしまうので、100円ショップでいろいろ悩みながら、1時間経過していたということも多々あり。収納コーナーの前でブツブツ悩んでいる人がいたら、私かもしれません(笑)。

 

プラスチック収納を買うのであれば、いらないモノを処分し終わった後に、きれいに収納する目的で買うのがオススメです!

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

少ない服で着まわす暮らしでは、メンテナンスが面倒な服は持たない。 - ひつじ日和

気分よく過ごすために気を付けていること4つ。 - ひつじ日和

メイクアイテム公開。メイクアイテムは、少量を早めに使い切って衛生的に。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク