ひつじ日和

おうち大好きな私の「居心地のいい家づくり」の記録。

無理をしないことが、さらに頑張れる秘訣。合わない仕事はやめて、新しい仕事を見つけよう!

20150810143543

無理をしないほうが、結果的にうまくいくと感じています。

つい最近も合わないと思った仕事をやめて、新しい仕事を始めました。

 

私はフリーで仕事をしています

現在の私の仕事は、フリーランスで英語関係の仕事をしたり、ライターとして働いています。フリーランスなので、会社には所属せず、自分で毎年確定申告をしている状態です。

 

フリーとして働き始めたころから、夫の扶養には入っていませんでした。正直最初のころは扶養に入ったほうがお金的にはお得だったと思いますが、いったん扶養に入ってしまうと「これ以上稼がなくてもいい」という甘えが出そうだったので、しっかり稼ぐという意識を高めるために扶養には入らずにいました。

 

以前は会社員でした

フリーで働き始めてから5年ほどになりますが、以前は会社員として働いていました。販売の現場で働いていたので、朝早かったり、夜は帰るのが11時過ぎだったりと規則正しい生活とは程遠い生活で、ストレスも多く、あまりいい思い出はありません。長く務めるにつれ、後輩を指導する立場になりましたが、私は人に何かを教えるが苦手なんだなと気づいたのです。6年ほど働きましたが、ストレスによる体調不良でやめることにしました。

 

フリーランスの良さは仕事を選べること

会社員時代は、「やれ」と言われたことはやらないといけないし、やりたくないこともやらないといけないですよね。当たり前ですが・・・。あとは、人間関係も結構大変だったりします。

 

でも、フリーランスなら自分のやりたい仕事を選べるし、自分の好きな時間に働くことができます。仕事を受注しても、違和感を感じたらやめることもできます。もちろん、きちんと仕事相手に連絡をしたうえでやめるわけですが、会社員のように縛りがないので、自分が嫌な仕事は引き受けず、「合っているな」と感じる仕事に集中することができるのが大きなメリットです。

 

フリーで働き始めた当初は、「仕事を選んでる場合じゃない」と思って、嫌な仕事も、合わないと思う仕事も、安い仕事も引き受けてきましたが、やっぱり嫌々やる仕事は時間がかかるし、効率も悪いし、そしてそういう仕事に限って報酬も安かったりするんですよね・・・。嫌な仕事なら、せめて報酬は多くないと頑張れません。

 

仕事をするからには、それ相応の対価(お金)がないとやっぱり頑張れないと思うのです。ボランティアで仕事をやっているわけではないし、やっぱり報酬がいい仕事のほうが力が入ります。最近は、自分がどのくらいの時間でどのくらいの仕事ができるかが分かるようになってきたので、時給計算をしてみて割に合わないと感じる仕事は引き受けないようにしています。

 

仕事のほかにもやりたいことはたくさんあるので、仕事は効率よくこなしたいというのが、最近の思いです。フリーランス6年目にして、やっと会社員で働いていた時よりも収入が多くなりました。でも、もしかしたら会社員の時よりも働いている時間は多いかもしれません^^;もっと効率よく働けるようになるのが今の課題です。

 

フリーランスはすべて自己責任

フリーランスは楽そうと言われることがありますが、すべてが自己責任です。失敗しても上司がかばってくれたりすることもないし、時間管理ができなければ納期に間に合わない!なんてことにもなります。体調が悪くなって仕事ができないとその分お金が稼げなくなるので、体調管理もかなり重要です。

 

合わない仕事はやめて、合う仕事に力を入れる

自分に合う仕事に力を入れると、さらに頑張ることができて、お金も多く稼げるようになるなと感じています。嫌だなと思う仕事は早めに切り上げて、自分が能力を最大限に使うことができる仕事を探して、頑張っていきたいです。

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

家が散らかっているとストレスがたまる。新居が片付かないのがストレス! - ひつじ日和

似合う服が変わるのは当たり前。変化を受け入れて服選びする。 - ひつじ日和

自分に合わないモノ・コトを削ぎ落とした暮らしが、ミニマルな暮らし。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク