読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

家を買うことになりました。私が家に求める4つの条件とは?

シンプルな暮らし

20160125153546

現在は賃貸マンションに住んでおり、これからもずっと賃貸で暮らしていくつもりでいましたが、いろいろあって家を買うことになりました。

 

私は家自体にこだわりはなく、こだわりがあるのは「住む場所」だけです。今住んでいる地域は、2年前に引っ越してきた場所で、私が長年住んでみたいと思っていた場所でした。私としては、住みたい地域に住めれば、正直持家でも賃貸でもどちらでもいいと思っていたのですが、いろいろ家族で話し合って建売の家を買うことにしました。

 

住む家を、賃貸にするのか、持ち家にするのか、持ち家なら注文住宅なのか、中古なのか、建売なのか?人それぞれ「これがいい!」というスタイルがあると思います。

我が家は建売を選びましたが、この選択がいい悪いではなく、それぞれの家庭によって決めればいいことだと思います。

 

お金の面で考えると、賃貸も、持ち家も最終的にはかかるお金は同じようなものです。自分にとってどちらがいいのかをじっくり検討することが重要ですね。私はこれまで関西、関東、東北に住んだことがあり、6回引越ししています。いろいろな土地に住んで、いろいろな場所に旅行してみて、今住んでいる地域が一番住みやすいし、住んでいて楽しいと思える場所なので、持ち家を買うのもいいかなと判断しました。

 

家自体にこだわりはありませんが、家選びでは4つのことを重要視しました。

・日当たりがいいか?

・駅から徒歩圏内

・売却しやすいか

・風通しがいいか?

という4つです。

 

どんなに安い物件でも日当たりが悪いと住んでいても気分が暗くなるので、日当たり重視です。これが一番の譲れない条件かもしれません。また、車を持つ予定はないので、スーパーなどが集まっている駅周辺から徒歩で15分以内というのも重要でした。

 

また、ローンが払えない状況になったり、何か家を売らなくてはならない状況になれば、迷わず家を売却することを考えているので、売却しやすいかどうかも重要なポイントです。駅から遠すぎる物件、癖のある間取りの家(こだわりすぎた注文住宅は売却しにくい傾向にありますね)、日当たりが悪い物件はもし安く買えたとしても、売る時のことを考えると難しそうです。

 

家を買うとなると、いろいろと条件を考えてしまうけれど、結局のところ、重要なのはこの4つでした。

 

人生で7回目の引っ越しとなるので、引っ越しにも慣れてしまい、らくらくできそうです。使わなくなった家電や粗大ごみもちょっとずつ処分している最中です^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

【無駄なお金を使わない練習】コンビニに行くのをやめてみました - ひつじ日和

ガラケーは恥ずかしい?私がガラケーを使い続ける理由。 - ひつじ日和

人生7度目の引っ越し。引っ越しが決まったので、少しずつ断捨離をしていきます。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク