読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

生理痛がひどすぎたので少食にしてみたら、「めんどくさい!」がなくなって、体調も良くなりました

20160412162015

最近、1日の食事量をかなり減らしています。

 

事の発端は、前回の生理痛がつらすぎたことです^^;

とにかく痛すぎて動けなくて、1日まるまる何もできなかったんです。

 

何もできなかったは言いすぎですが、なんとか夕飯だけは作った感じ・・・。とにかく仕事にも支障が出て、丸一日生理痛でつぶれるなんて悲しすぎて、これは本気で生活をかえないといけないなと思ったのです。

 

昔から生理痛はひどい方でした。あまりにもつらすぎて学校を早退したこともあります。でも、最近は「ちょっと痛いかな」という程度だったのが、前回は何もできないほど痛かったんですよね。

 

思い当たるのは、食生活。在宅仕事であまり動かないのに1日3食しっかり食べて、たまにはデザートも食べるというひどい生活。とりあえず、食べ過ぎているので、1日2食にすることにしました。

 

朝と夜は食べて、昼は無しです。

昼ご飯の代わりにドライプルーンとドライデーツを1粒ずつ食べて、夜ご飯はかなり軽めにして、炭水化物は取っていません。朝は、ごはん、納豆、卵、キムチを食べています。朝はたっぷりめにエネルギーをチャージします。

 

この生活にしてから、おなか一杯に食べることがなくなったので、消化にエネルギーを使わなくなった分、頭がすっきりするようになりました。体も軽くなってきたので、何をするのもフットワークが軽くなりました。

 

以前なら「めんどくさい!」と思っていたことも、イライラすることなくできるようになったし、頭がすっきりしているので仕事もはかどります。

 

どうしてもおなかが空いたら、無塩ナッツを3粒くらい食べてしのいでますが、この食生活も2週間くらいたった今は、1日2食に体が慣れてきました。

 

しっかり1日3食を食べるよりも、あきらかに体調がいいです。仕事のパフォーマンスもよくなったし、体も軽くなりました。次の生理の時には、どのくらい生理痛が緩和されているか、ひそかに楽しみです(笑)。

 

しばらくは1日2食を続けてみようと思います^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

私の幸せは「モノ」じゃなかった!自分にとってのストレスのない暮らしが分かってきました - ひつじ日和

ガラケーは恥ずかしい?私がガラケーを使い続ける理由。 - ひつじ日和

調味料の容器を入れ替えない4つの理由。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク