読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

自分はどの程度の「すっきり」を目指すのか?

物を増やさない方法

20151008120710

自分はどの程度の「すっきり」を目指しているのか考えてみました。

 

以前は、とにかくモノはいらない!

ほとんど使わないもの、読まない本、なくても困らない家電などは全部処分してすっきりしたい!と思っていました。

 

でも、今は、そこまでの「すっきり」を求めていません。

たまにしか読まな本も持ってるし、なくても困らない加湿空気清浄器も持ってるし、ゲーム機も持っています。

 

今の私が目指している「すっきり」は、

・部屋をぱっと見た時に疲れない風景。ストレスをためない風景であること。

・持っているものを把握できていること。

・収納にきちんとおさまっていること。

かなと思います。

 

自分が把握でき量で、収納に収まる量なら持っていてOKなので、必ずしもいつも使うかどうかは基準じゃなくてもいいかなと。

たまにしか使わないモノでもあった方がいいものは、無理に処分しないし、持っていた方が快適に生活できるなら、処分せず使います。

 

ただ、クローゼットなどの収納は5割から6割は開けておきたいので、収納に6割は秋を作る量というのも自分にとっては重要です。クローゼットに収まっていると言っても、ギュウギュウに物を詰めていると、物がとりにくくなるし、何が入っているかもわかりにくくなります。

 

なので、収納は6割空けて、物は把握できる量。

部屋は見た目すっきりするようにする。

 

というのが、今の自分が目指す「すっきり」かなと思います^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

「捨てる」ことは、自分と向きあることでもある。 - ひつじ日和

自分に合わないモノ・コトを削ぎ落とした暮らしが、ミニマルな暮らし。 - ひつじ日和

暇さえあれば、クローゼットを開けて「いらないモノ」がないか確認してます。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク