ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

「すっきり」を保つために、家の中ではこまめに動く。

20151008120716

「すっきり」を保つために、家にいるときはちょこちょこ動いています。

 

昔の私は、物は使ったら使いっぱなし。

「後で戻そう」と思っても、結局そのまま。

 

物でいっぱいのクローゼットを見ても、「今度片づけよう」とそのまま。

使っていない冷蔵庫の食材も、そのうち使おうとそのまま。

 

今考えると、散らかるべくして散らかっていたという感じ^^;

家が片付いていない頃は、とにかく「いろんなことが面倒」でした。

 

でも、散らかった部屋を見ては、ストレスがたまっていたんですよね。

 

今は、すっきりした部屋で暮らせるようになりました。

すっきり暮らせるようになったのは、こまめに動くようにしたから。

 

使ったものをすぐ戻す。

クローゼットの中をこまめに確認する。

いらないものをこまめに整理する。

冷蔵庫の整理を毎日する。

郵便物は帰宅してすぐ分別する。

などなど、意識して「すぐ」片づけるようにしました。

 

最初は、やり忘れたり、片づけ忘れたりすることも多かったのですが、やっているうちに、すぐ片づける方が見た目もすっきりして気持ちいいことが分かり、少しずつできるようになってきました。

 

最近では、暇さえあればクローゼットを確認して、いらないものを処分しています。

暇さえあれば、クローゼットを開けて「いらないモノ」がないか確認してます。 - ひつじ日和

 

週に1回、月に1回片づけようと思っても、ついつい面倒になったり、たまにしかやらないと忘れてしまうので、「毎日、すぐ」が自分には合っていたようです。

 

使ったものを片付けるのには、ほとんどの物は1分もかかりません。よっぽど広い家でない限り、そんなに時間はかからないはずです^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

散らかった家からの脱出&すっきりした家までの道のり。 - ひつじ日和

料理の作り置きはしません。常備菜を作らない理由。 - ひつじ日和

断捨離で面倒なのは、処分する作業。私が、大量の家具をまとめて処分した方法。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク