ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

暇さえあれば、クローゼットを開けて「いらないモノ」がないか確認してます。

20160428095845

私は暇さえあれば、クローゼットや引き出しを開けて、中を確認しています。

 

いつのまにか、クローゼットや引き出しの中を確認するのが習慣になっていて、もはや趣味の領域かもしれません(笑)。

 

クローゼットを確認して、いらないものを見つけると、なんかうれしいんですよね。

明らかに、変な趣味です。

 

物を捨てるのが好きなわけではないのですが、いらないモノを処分して、どんどんクローゼットや部屋がすっきりしていくと楽しいし、たぶんストレス発散になっています。

 

小さな収納BOXの中を整理するだけでも、「これ、もういらないよね?」というものが見つかるし、いらないものを捨てて、整理して、収納BOXがすっきりすると、ちょっとした達成感を味わえます。

 

何か買いたい!と物欲がメラメラしているときほど、クローゼットや引き出しを確認して、いらないもの探しをすると、物欲がおさまります。

 

「暇があれば、クローゼットを確認する」という習慣のおかげで、物が増えず、すっきりした部屋を保てるようになりました。

 

さすがに、毎日確認していると捨てるものもなくなってくるのですが、捨てなくても、ただ整理したり、整理しながら買い足すものを考えたりするのが、たぶん自分にとって楽しいことなんだと思います(無意識でやっているので^^;)。

 

そういえば、雑貨店勤務のころも、在庫室の整理をするのが大好きでした。ごちゃついている商品をカテゴリーごとに整理して、取りやすいように工夫することに燃えていました。

 

掃除はあまり好きじゃないけど、片づけは好きなようです。

 

そして、今日も仕事の合間にクローゼットを眺めて、「これ、もういらないかもなー」と考えていたのでした(笑)。

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

人生で一番無駄な時間は、「探し物をしている時間」でした。 - ひつじ日和

【断捨離】元に戻ってしまっても、何度でもやり直せばいい。 - ひつじ日和

読むと掃除と片づけがしたくなる本。「部屋は自分の心を映す鏡でした。」のレビュー。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク