読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

「100円ショップの使い捨てビニール手袋」で水回りの掃除が楽になりました!

20160620125549

水回りの掃除用に使い捨てのビニール手袋を買いました。

 

これまで掃除にはゴム手袋を使っていて、掃除するたびに「きれいに洗って、干して、しまって」を繰り返していたのですが、この作業がとにかく面倒でした。

 

掃除のたびにこの作業をやらなきゃいけないかと思うと、水回りの掃除も面倒だなと思って、毎日やるのも気が進まなかったんです。

 

特に雨の日は、使い終わったゴム手袋はなかなか乾かないから、なんだか衛生的にもどうなの?と気になってたんですよね^^;

 

そういうことが気になりだすと、掃除も面倒になります。

ゴム手袋を使わずに素手で掃除すればいいのですが、掃除の時に手が汚れるのが嫌なんですよね・・・。

 

ということで、もっと気軽に水回りの掃除ができるように考えたら、使い捨てのビニール手袋を使えばいいんじゃないかと思いつきました。

 

掃除用品と一緒にビニール手袋をしまっておけば、気になったときに、ビニール手袋をささっとつけて、ささっと水回りを掃除することができます。

 

ゴム手袋だと、掃除の後の処理が面倒ですが、使い捨て手袋なら、掃除が終わったら捨てるだけ。

 

買ったのはダイソーのポリエチレン手袋。

フリーサイズで100枚入りです。1回の掃除で2枚使うとすると、掃除50回分ですね。

20160620125548

これを買ってから、水回りの掃除も楽ちんになりました。

これまでは、「水回りの掃除=掃除後のゴム手袋の処理がイヤ」という感じで、始める前から面倒だったのですが、手袋を使い捨てにしたことで、「いやだ、面倒」とう気持ちにならなくなりました。

 

ゴム手袋の方が何度も使えるからコスト的には安いと思いますが、自分が楽に掃除をできる方が重要なので、掃除を楽にできる環境を作るのが、毎日掃除をするためには必要だなと実感しています。^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

「掃除嫌い」から「掃除が意外と楽しい」という感情になるまでの経緯。 - ひつじ日和

読むと掃除と片づけがしたくなる本。「部屋は自分の心を映す鏡でした。」のレビュー。 - ひつじ日和

【書籍掲載のお知らせ】主婦と生活社さんの「暮らしを、みがく」に掲載されました。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク