ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

【断捨離】元に戻ってしまっても、何度でもやり直せばいい。

20150810143543

断捨離に失敗はつきもの。

元に戻ってしまっても何度でもやり直せばいいんです。

 

よく聞くのが、「断捨離って、リバウンドしませんか?」ということ。

これは、断捨離を始めてみたいけど、失敗したくないという意味だと思いますが、正直、リバウンドは多少なりともすると思っています。

 

何か新しいことを始めたとき、始めから失敗なしでできることの方が少ないはずです。もともと天才的な人は除きます^^;

 

断捨離をやってみて、「あー、あれ捨てなきゃよかったな」とか、「この前捨てたのに、また同じもの買っちゃった」とか、いろいろと失敗を繰り返しながら、すこしずつ要領よく断捨離ができるようになるんです。

 

むしろ、失敗があるから、今度はこうしてみよう!と、どんどん工夫する気持ちがわいてきて、失敗も少なくなっていきます。

 

もし、失敗ばかりで断捨離が進まないのだとしたら、ただ物を処分しているだけで、振り返りが足りないのかもしれません。

 

この服は、自分には合わなかったら処分しようと思うと同時に、なぜ自分には合わなかったのか、考えてみる。もっと丈が長い方が良かったとか、色が似あわなかったなど、処分する理由を考えると、次に服を買うときに、同じものを買ってしまうという失敗も減っていきます。

 

そうはいっても、ついつい同じものを買ってしまうこともあると思います。

でも、それが人間というもの。

失敗しても、断捨離をリバウンドしたとしても、またやり直せばいいんです。

 

いらないものを家から減らしたい!すっきり暮らしたい!という思いがあれば、またやり直せばいい。

 

私も何度も失敗を繰り返し、自分が好きなものはどんなものか、どんなものは買わないほうがいいのか、断捨離を始めてから4年くらいたって、やっとわかるようになってきました。

 

何度やり直すことになったっていいじゃないですか。

何度もやり直すうちに、断捨離もうまくできるようになるはずです^^

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

新しい習慣を身に着けるための2つのコツ。 - ひつじ日和

レースがついている服は老けて見えることに気づきました。 - ひつじ日和

32歳からの美肌作り。パナソニックのイオンエフェクターとの衝撃の出会い。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク