ひつじ日和

モノを減らしたら、家事が楽になりました。居心地のいい家を目指して試行錯誤中。

読むと掃除と片づけがしたくなる本。「部屋は自分の心を映す鏡でした。」のレビュー。

20160610113340

部屋は自分の心を映す鏡でした。 という本を買いました。

 

用事があって立ち寄った本屋さんで、目について、なんだかとても気になったので、買ってみました。

 

最近、「もう少し、機能的に片づけたいな」と思っていたから気になったんでしょうね。掃除は習慣化できて、物も少なくなった我が家ですが、片づけはどうなんだ?と考えてみると、まだまだです^^;

 

パッと見、片付いているようでも、書類はざっくりしまってあるだけだし、メイク用品もざっくりしまっているだけ。「この本に、何かヒントがあるかも?!」と読んでみました。

 

 

読んだ感想

この本を読んだら、急激に部屋の片づけや掃除がしたくなりました。

 

「部屋は自分の心を映す鏡」というのはよく言われていることで、自分の心に余裕がないと、部屋は散らかるし、掃除も適当になるんですよね^^;

 

この本では、「片づけた方がいいのはわかっているけど、どうやって片づけたらいいか分からない!」という人のために、片づけの基本を説明してくれています。

 

片づけを挫折しないためのポイントなども書いてあるので、なかなか片づけが続かないという悩みも解消されそうです。もちろん。読むだけでは片付かないので、実際に行動に移すことが重要ですね。

 

片付いていない場所と向き合うことは、自分の悩みと向き合うことだなと感じました。

 

私の場合は、書類の片づけができていません。

ざっくりしまってあるだけの書類と向き合ってみると、面倒なことを先延ばしにしたいだけなんだろうなと気づきました。

 

書類の整理って面倒で苦手なんですが、いざ必要になったときにさっと取り出せないとストレスになるから、必要な時にさっと取り出せるように一度、片づけたいなと思っています!

 

今回読んだのはこちら。

 

部屋は自分の心を映す鏡でした。 [ 伊藤勇司 ]
価格:1296円(税込、送料無料)

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

イライラの原因は部屋に積まれた段ボール。「すぐに片づける」ことの大切さ。 - ひつじ日和

自分に似合う服は雑誌を見ても見つからない。似合う服は試着して見つけよう! - ひつじ日和

本当に欲しいモノを買わないと、家にいらないモノが増える。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク