読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ日和

少ない服で暮らすコツ・断捨離のコツを配信。「少ないものをすっきりと収納する」方法を研究中。

流行の服が似合わない場合はどうすればいいのか?

20160209122423

服屋さんで並ぶのは、その年の流行の形がメインですよね。

 

流行の服って気にはなるんです。

ただ、その年の流行の形が自分に似合う形なら悩むこともないけれど、自分に似合わない形だとすごく服選びに困ります。

 

自分的に「こういうのが似合うはず」という服の形があるのですが、その形が毎年服屋さんで売られているわけではないから、毎年悩んじゃうんだろうなと最近悟りました。

 

ベーシックな服でも、流行に左右されてちょっとだけ袖の形が違っていたり、ボトムスも微妙に形が違ったりすると、自分には似合わなくって買うのをあきらめてしまうことが多いです。

 

いっそのこと、自分の好きな形の服をオーダーメイドしたい気分にになりますが、そんなお金の余裕もないから、やっぱり市販の物から自分にある服を探さないといけないんですよね。

 

毎年、流行の形は違うから、その度に服選びがリセットされる感じです。

でも、どうせ年々似合う服も、好みの服も変わっていくので、毎年一度自分に似合う服をリセットして探すという機会になるので実はいいことなのかもしれません。

 

そう考えると、やはり一生ものの服ではなく、リーズナブルで買い替えが気にならない服がいいですね。

 

これから一生とは言わずとも何年も似合う服っていうのはなかなかないと思うんですよね。いくらお高い服でも、何度も着て、何度も洗濯していれば形が崩れていくから似合わなくなっていったり、ただ単に年齢に似合わなくなっていったりするはずです。

 

なので、季節ごと、半年ごと、1年毎のちょうどいい区切りや、「なんだか、似合わなくなったな」という自分の直感に従って、服と向き合う必要があるのかもしれないなと最近思います。

 

話がそれましたが、流行の服が似合わなかったら買わず、ひたすら自分に似合いそうな服を探します。理想としては、流行に左右されず、自分に似合う服が売っている服屋さんを見つけることですね。そうすれば、そのお店の服を選ぶだけだから楽ちんです^^

 

最近は、soulberry の服がベーシックで自分の体形にも合いそうな服が多くて好きです。

 

スポンサーリンク

 

■暮らしのヒント

美容院の予約はネットを活用

毛穴の黒ずみゼロへ

いらないものはお金に変えよう

 

■こちらの記事もどうぞ

「年間30着で着まわす」をやめます。ライフスタイルに合わせたワードローブ作り。 - ひつじ日和

パッと見おしゃれに見えるのは、髪や肌がきれいな人。 - ひつじ日和

32歳からの美肌作り。パナソニックのイオンエフェクターとの衝撃の出会い。 - ひつじ日和

 

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

 

スポンサーリンク